white iris official blog

鍼灸師でテラリウム作家の陽さんと、 フォトグラファー桃さんのブログ。 #写真通して見つける 本当の自分 #未来先取りフォト #はり灸整体

【世界に一冊のフォトブックが出来るまで その1】

こんにちは。

今日は、フォトブックが

出来るまでの工程を

ご紹介しようと思います。

制作工程をお見せできることは
なかなかないので、

この機会に書いてみます☺


※弊社では、撮影前に

肖像権取り扱いにつきまして、
被写体様が安心して撮影頂けるよう、
しっかりとした手続きを取っています。

詳しくは肖像権取り扱いについて>

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-q4hee

 

 

 

取材を通して、撮影するお写真は、数百枚に登ります。
一枚一枚全てに手作業で補正をかけます。
一番いい状態で、お写真を届けたい&
ベストショットの「間の一枚」
の面白さを見てほしいという気持ちがあるので
この作業はかかせません。

f:id:hinatao-wife:20190513222715j:plain

 

 

 

その後、全部プリントアウトして、
全体像を把握します。
パズルみたいな感じです(^^)

f:id:hinatao-wife:20190615001546j:plain

 

 

全体を紙にして、連動しているシーン、
<クロス対比>すると
素晴らしい構図になる写真を、
切り貼りしながら、
組み分けをしていきます。

f:id:hinatao-wife:20190615010839j:plain


そうすると、写真が、
いくつかの【章】となって、
物語を語り始めます。

 

 

画面上で出来ることであっても、
【紙にすることで見えてくる物語、
 思ってもいなかった発見がある】

ので、毎回、この過程を行っています。

 

 

時間はかかってしまうのですが、
この時間を過ごすから、
感動して頂ける内容に仕上がっているのかなと、
感じています。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

初めて撮った one and only フォト【最愛】は、
私のおじいちゃんです。

 


93歳になります。
16歳の時に、京都は舞鶴に召集され、
そこで戦後を迎えました。


16歳のおじいちゃんの写真を
初めて見て、びっくり。

f:id:hinatao-wife:20190316110928j:plain

 

 

昔の写真も取り入れて、
現在・過去・未来が、
一冊の中で協奏するように構成しています。

 


生後1か月の自身の写真、
おじいちゃん手書きの写真パネルを見て、
とても不思議な
温かい気持ちになりました。

f:id:hinatao-wife:20190321150738j:plain

 

f:id:hinatao-wife:20190321150812j:plain

 

 

組み分けして、また【全体像】を確認します。
ここからは、紙にして整理した写真の全体像を元に、
取材でお伺いしたエピソードなどを回想しながら、
フォトブックの構成・配置・デザインを考えていきます。
 
その2に続きます>

 

f:id:hinatao-wife:20190615012437j:plain

 

 

#one and only には、

<かけがえのない・最愛の>という意味が込められています。

 

one and only フォト【最愛】

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-6

f:id:hinatao-wife:20190613173606j:plain

f:id:hinatao-wife:20190615133533p:plain

 

ーーーーーーーーーーーーー

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

ご夫婦のアニバーサリー

 

先日は、ご夫婦のアニバーサリーのお写真をお届けに

神奈川へ行ってきました(^^)

f:id:hinatao-wife:20190529140022j:plain

 

撮影からお届けまでの1か月。

 


お2人が主役の本と短編映画(映像)を作るような気持ちで、
取材で聞かせて頂いたお話を振り返り、
お預かりさせて頂いた
お写真も大切に取り入れながら、
1ページ1ページ構成を練りました。

 

 

【人は、自分の心で世界を描いたり、

増幅するもの】

 


取材を通して教えて下さった言葉がとても印象的でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

  

どんな広い世界も、
どんなに魅惑的に見える未知の世界の中にも、
己を満たすものはなく、
己のこころの中に、安住安息がある。

 

 

宝探しの船長のように広い世界を旅し、
人生を探求し、見つけたもの。
一番求めていることは、
求めていた世界は、
己のこころのなかという、
見えにくく、掴みにくく、
捉えにくい中にある。

 

そこは、とても小さいようで、
取るに足りないようで、
他の世界のどこかを探したくなるようで、
いつも、一番近くにあったもの。

 

世界を描く宝の映写機 【こころ】。
何を映すも、私自身が決めている。

 

こころ次第。

こころ次第。

 

 

<こころとは、己が描く【模様のようなもの】なのだ>

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

目を細めて、
優しく見つめる表情から、
そんな言葉が伝わってくるように
感じられた今回の撮影でした🌿

f:id:hinatao-wife:20190403121941j:plain



 

 

 

ラッピングのリボンを解くのがもったいないと、

リボンを解かずにすっと外して、

写真に撮って下さったY様ご夫妻。

 

 

 

フレームを大切そうに作品を手に取って頂き、

「撮ってもらったことのないような一枚」

「永久保存版」とお言葉を頂きました。

f:id:hinatao-wife:20190403122109j:plain

 

 

 

f:id:hinatao-wife:20190403122352j:plain

 

 

 

 

取材風景

f:id:hinatao-wife:20190403123446j:plain

 

 

色々なお話を聞かせて頂いた時間は、

まるで映画を見たような充実感と高揚感。

f:id:hinatao-wife:20190403124610j:plain

 

 

 

 

過去のお写真も取り入れながら、

過去・現在・未来がつながるような構成で

作成させて頂きました。

f:id:hinatao-wife:20190531034726p:plain

 

 

 

f:id:hinatao-wife:20190531034737p:plain

 

 



 撮影枚数は、250枚ほど。

フォトブックの装丁はしっかりと重厚な作り。

撮影したお写真は、全24ページのフォトブック作品になって

お届けします。

f:id:hinatao-wife:20190507134104j:plain



  【お渡しの内容】

・ハードカバープレミアムフォトブック 24ページ
・実際の撮影写真データ 全写真補正をかけたもの150~200枚程度(前後あり) 
 CDーR 一枚
・撮影したお写真のスライドショー音楽付き  CD-R
・2L写真プリント 額縁付 2点 (ベストショットをこちらで選定して現像します)
・white iris からのお手紙 編集後記

 

 

 

お写真データのディスクレーベルは、

撮影したお写真を用いたオリジナルデザインを施してお渡しします。

f:id:hinatao-wife:20190603134356j:plain

f:id:hinatao-wife:20190603135052j:plain





 
 

 

 

f:id:hinatao-wife:20190529140155p:plain

【このこころを何と呼ぼうか】

【ただ、あなたに伝えたい ありがとう】

one and only フォト【最愛】

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-6

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

代表挨拶を掲載しました(__)

HPに代表挨拶を掲載しました(__)

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/pr

 

(リンク先より転記致します)

 

white iris photography 代表 深山と申します。

事業者様・また貴社でご活躍し会社を支える大切な社員の皆様へ、

会社からの勤続への感謝を伝える、

新しい福利厚生プランを弊社よりご案内申し上げます。

 

【しごとフォト】では、丁寧なヒアリングをもとに、

真剣な表情でお仕事されている姿を、

フォトグラファーが写真に収め、

<被写体の方が主役の【本と短編映画】を彷彿させるような仕上がり>

をコンセプトにフォトブック・スライドショーを作成致します。

 

長年、お仕事に携われてきた事業主様・社員様でも、

実際に自分が【真剣に働く姿】 を

目にする機会は少ないかも知れません。

自分が仕事に打ち込む姿には、

胸に込み上げる・想像を超える感動があります。

写真というツールを通して 、

仕事を通じて向き合ってきた時間、

積み重ねてきた歩みの数々を改めて振り返る事で、

自分の人生と歩みに確かな自信と誇りを持ち、

明日への活力に繋がる。

 

そんなきっかけをお届け出来ればと考えております。

 

・長年会社を支えた社員様のご退職や

・勤続5年・10年・節目のアニバーサリーに

・ご栄転やご昇進のお祝いなどの福利厚生として

被写体の方は勿論、

会社・ご家族の方にも大切な宝物となる商品に変えてお届け致します。

f:id:hinatao-wife:20190206114754j:plain

 

作品をお届けするまでの過程で最も大切にしているのが、

弊社の特徴でもある、撮影前の「取材・ヒアリング」です。

取材でお伺いしたお言葉やエピソードを大切に、

弊社フォトグラファーが時間をかけて丁寧にイメージ・構成を作る事で、

心に響くお写真を撮影する事が可能となります。

 

 

フォトグラファーが映すのは、

被写体様の【大切にしている想い・心】です。

 

 

数百枚に及ぶお写真 一枚一枚に編集作業を行い、

コンセプト構築の過程を通して、

丁寧に心を込めて物語を紡いでいく事で、

これまでの時間に想いを馳せ、

何度も見返したくなる様な作品をお届け致します。

撮影したお写真は、お渡しする際には製本化し、

全24ページの大容量のハードカバー・

プレミアム高級紙を用いた、

長期保存にも安心のクオリティでお届け致します。

(実際のフォトブックも、ご覧頂けます。お声掛け頂けましたらお持ち致します。)

 

また、弊社では【働く真剣な表情や姿は、会社の誇り・会社そのもの】

という思いのもと、 福利厚生プラン以外にも、会社を支える人の魅力、

社員様の働く姿を通してお伝えする

【人に特化した企業PRプラン】もご用意しております。

 

 

商品やサービスには、

関わる人の想い・挑戦のストーリーがあり、

そのストーリー自体に、

人の心に訴えかけるドラマティックな価値が存在すると、

弊社は考えています。

 

【商品が出来るまでの過程】

【完成に至るまでの葛藤・挑戦の姿】

【そこに関わった人の想い・心】

 

普段お客様が目にするのは、完成された商品やサービスですが、

働く社員様の姿を改めて視覚化し、

写真を通してお伝えすることで、

提供している商品・サービスに関わる【人の姿】がより感じられるようになり、

世の中に溢れる数多の商品やサービスの中でも、

記憶・心に残る印象を与えるものと考えております。

 

 

関わる人の想い・挑戦のストーリー。

そのストーリー自体に、人の心に訴えかけるドラマティックな価値が存在する。

 

 

・お取引先やお客様へ、変わらぬ決意と誠意を伝える1つのツールとして

・新たな顧客・販路開拓への企業PRとして

・ホームページや各種SNSにも直ぐ活用できる

貴社が大切にしている思いや姿を

写真に変えてお伝えするプランです。

 

※ しごとフォトでは、撮影する人数によって、

取材内容や被写体、デザインの構築過程の違いから

出来上がり時の内容が大きく異なります。

詳細に関しましては直接ご案内させて頂ければと思います。

 

お忙しい所長文にお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

 

謹白

white iris photography  

代表 深山 陽

f:id:hinatao-wife:20190219111715p:plain

言葉にしない、
仕事へのこだわり、心遣い。
評価や賞賛が届かぬ部分にも
心を込める人の姿が、そこにはある。

 

【しごとフォト】

-------white iris photography

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

被写体の方が主役の【本と映画】を作る

one and only は、
「かけがえのない、最愛の」
という意味が込められています。

f:id:hinatao-wife:20190427154804p:plain


 

被写体の方が主役の【本と映画】を作る気持ちで
取材から撮影、フォトブック・
スライドショーの作成を行っています。

 

 

#one ane only 【最愛】

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-6

 

 

 

f:id:hinatao-wife:20190427154938p:plain





white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

答え合わせ

作品1つが仕上がることは、

大きなパズルが完成した時みたいな気持ちです。

 

画面とにらめっこして、

撮影した写真から、構成やストーリーを立てていきます。

 

どんな構成にしたら、

どんなストーリーが出来ていくのか、

取材させてもらった内容を元に、想像して汲み取って、

また膨らませていくことを繰り返していきます。

 

 

配置する順番が違うと、

全体のストーリーも変わって見えるので、

とても大切な工程です。

 

 

取材でお伺いしたことをより鮮やかに表現できる

配置と構成を考えていきます。

 

 

考えるというよりも、答えはもうすでに決まっていて、

【答えを見つけに行く】という方があっているかもしれません。

 

 

写真達は、

配置の順番も、添える言葉も、

自分が何処にはまると、どんなフレーズを添えると、

壮大なパズルが完成するみたいに、

【ぴったりはまるのかを知っている】ようです。

 

 

不思議なほどに、

「あぁ!これだ!この配置だ!」とか、

「このフレーズだ!」と、

ぴったりはまる体感が来たら、

それが正解なんだと、そんな工程を繰り返します。

 

 

解釈は極力入れないように、

取材やヒアリングでの被写体の方の言葉を丁寧に拾いながら、

この言葉かな?あのストーリーかな?と、

パズルをあてはめていきます。

 

 

絶妙なタイミングで、

取材の時の会話やフレーズが浮かんできたときは、

そんなインスピレーションを大切に、

パズルのワンピースとしてはめてみると、

ぴったりはまってくれます。

 

【己が考えるよりも、耳を澄ましてみる。

 被写体の方が教えてくれた人生の体験をよく聞いて、

 想像する。汲み取る】

 

 

それを繰り返すと、

1ページ、また1ページと、

フォトブックが仕上がっていきます。

 

 

 

先日、撮影の打ち合わせ・取材で伺った先で、

これ見ると泣いてしまうのよね…と、

見せて頂いた過去の写真達。

私も、

【スライドショーを作る時は、なぜか涙が流れるので、泣きながら作っている】

と話したら、

笑われるどころか、

「そうよ。泣いちゃうわよね」と言ってもらって、

とても嬉しい気持ちになりました。

 

 

写真は、静止画のようで、

その絵の中には、

【時間】

【大切な人】

【あの時の気持ち】

【迷い・不安・選択・決断】

無数の思い出、感情、人生の選択、

言葉にしきれないたくさんのものが詰まっている。

 

 

だから、とある一枚を見て、

泣いてしまう。

 

 

そんなことが起こるんだと思います。

 

 

 

 

white irisの写真は、

撮る前の取材・ヒアリングを大切にしていること、

構成やコンセプトを考えて、

撮った写真をストーリーとして構成していくフォトブックに、

心打つものがあるので、

これは時間がかかっても、大切に作っていきたい。

なので、フルラインナップでお届けする構成をしています。

 

 

リボンを解いた時、

中から、フォトブックや

オリジナルデザインを施したディスク、

額に入れられた写真が、

 

あの時の時間、

これまでの時間が、

リボンを纏って、

大切に扱われて、

おめかしして帰ってくる。

 

 

それが、また誰かを笑顔にしたり、

時に涙したり、

そっと心にあかりが灯るような、

そんな作品を届けていこうと思った夜でした。

f:id:hinatao-wife:20190403121722j:plain

 

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

 

 

 

 

人生の模様

撮影の前のヒアリング・取材をさせて頂いてると、

【模様】が見えてきます。

どれ1つ同じものはない人生の模様です。

 

 

【その出来事を通して、

 こんな風に感じた、こう思った。

 こんなことを学んだ】

 

 

 

そんなお話を聞いていると、

その人が歩いてきた人生を3D体験させてもらうような、

映画を見ているような気持ちになります。

 

 

ドラマティックで、

何処かせつなくて、愛おしくて。

 

 

そして、撮影した写真を並べて、

フォトブックのデザイン構成を考える時、

取材ヒアリングで聞かせて頂いたお話が、

構成や静止画である写真に、

いのちを宿すんだと感じます。

 

 

この笑顔は、あの出来事やあの選択を通して積み重なった、

深い意味を持った表情であることを想像しながら、

構成をしていくと、

フォトブックが、ドラマティックな何かを纏い始めます。

真っすぐ見つめる景色の先に、

たくさんのことが積み重なっていることを想像すると、

写真がストーリーをもって動き出すようです。


 

 

 

 

写真が語る世界を尊重したいという想いから、

言葉や文字を極力なくした構成で最近は作成しています。

 

 

最後のページには、

取材ヒアリングを通して伺った、

印象的なフレーズを添えたりしています。

 

 

その方の哲学や美学、

人生において大切にしていること。

象徴するような言葉やフレーズを添えることで、

最後のページを締めくくっています。

 

 

取材で印象に残った素敵な言葉があります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Pity is akin to love

可哀想だた惚れたって事よ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

夏目漱石三四郎に出てくる言葉です。

かわいそうだと思った(気になっている)ということは、

惚れたということ。

 

 

恥ずかしながら、

私はその時初めて知ったフレーズだったのですが、

とても愛情を感じる言葉でした。

【自分が気が付くよりも先に、惹かれ好きになっていた】

 

 

また素敵な1冊が出来そうです。

f:id:hinatao-wife:20190403123820j:plain

 

 

f:id:hinatao-wife:20190403124306j:plain

f:id:hinatao-wife:20190403124339j:plain

 

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

暮らしの風景

たくさんの朝、

たくさんの昼、

たくさんの夜に、

家族が囲む食卓に力を貸したお鍋。

f:id:hinatao-wife:20190316100357j:plain

 

 

 

日々の暮らし。

たくさんことが、積み重なって出来ていく。

f:id:hinatao-wife:20190316113435j:plain

 

 

f:id:hinatao-wife:20190316100415j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:hinatao-wife:20190316113915j:plain

#one and only フォト 【最愛】より

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-6

 

 

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto



 

 

一雫

外に出ると、
屋根から溶けた雪が雫となって降り注いでいました。


雫は跳ねて波紋を広げ、

大きな水たまりの一部となっていくことを繰り返していました。

f:id:hinatao-wife:20190316121047j:plain

f:id:hinatao-wife:20190316121046j:plain


その様を見ながら、こんなことを思いました。

 

 

これは、人の一生のようなものかもしれない。
何処かの時間軸から見たら、

一瞬に思えるほど短く美しい様で、

やがて全体の一部となって消えていく。

 

 


同じように見えて、

同じことを繰り返している様に見えて、

そこには様々なドラマが詰まっている。
1つとして同じものはない、小さな雫。

 

 

大きな水たまりを思うと、

この一滴に意味があるのか、
それがなくても何も変わらないようにも思えてきます。

けれど、その一滴が落ちる瞬間、

大きな水たまり全体が揺れ、波紋を広げます。

f:id:hinatao-wife:20190316121120j:plain

 

 


人間はあの一雫と同じ。
心決めて、動き出した時、

自分よりも大きなものを揺らす、小さな存在なのだと。

 


そして、心決めることを助け支えてくれるのが、

家族と過ごした時間・記憶なのかもしれない。

雪解けの景色を見ながら、そんなことを思った時間でした。

f:id:hinatao-wife:20190316101233j:plain

#one and only フォト 【最愛】より

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-6

 

 

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

衝撃的過ぎる事実...

新年号は令和(れいわ)となるそうですね。

万葉集からの典拠で、国書由来は初めてとの事ですが、

そこで衝撃的な事が...

 

先月、『お仕事フォト』で

撮影させて頂いた新井淑和(よしかず)通称アラヤン↓↓

f:id:hinatao-wife:20190206115052j:plain

f:id:hinatao-wife:20190206113135j:plain

 

真剣な表情で仕事をしている彼の名前、

『淑和』は、彼の尊敬するおじいさまが、

万葉集のある一文から引用し、名付けられたそうです。

 

 

その万葉集の一文とは...

「初春の令月にて、気く風ぎ、梅は粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」

 

そして新年号の『令和』は

「初春の月にて、気く風ぎ、梅は粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」

 

 

そう、新年号の典拠と激近なのです!!

4500種以上ある万葉集の中から、梅花の歌三十二首の序文の部分。

しかも5文字と隔てていない部分をおじいさまは引用していたのです...

おじいさま凄い...

 

 

因みに『淑』には【よい・美しく、優しい】

といった意味があるそうです。

写真に映るアラヤンもまさに美しく優しい。

 

おじいさまの「こうなって欲しい」という

命名に込めた想いのまま、この様な姿で頑張ってます!

そして桃さんはその人の本質を映すフォトグラファーなのだなと、再び感動。

f:id:hinatao-wife:20190206111454j:plain

f:id:hinatao-wife:20190206114857j:plain

  

名前に関して本人もびっくり。

「とうとう俺の時代が来た...」とか何とか言っていますが(笑)

とりあえずもう一度、

官房長官の代わって彼に新年号を発表してもらわなければ.... 

新井工務店 araikoumuten10@yahoo.co.jp

f:id:hinatao-wife:20190206133456j:plain

 

 

く風

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-q4hee

f:id:hinatao-wife:20190219130349p:plain

 

white iris photography

はり灸整体 ホワイトアイリス

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto

 

f:id:hinatao-wife:20190316181017p:plain