white iris official blog

White Iris いのちのお話

物語の終わり。じゃなくて休息

【あれ、食べたい】
身体に悪いけど。

【あれ、見たい】
今日は、これがいい。

 

 

そう。
良い、悪いなんてない。

「それ」が

「その瞬間のあなた」に必要だから。

 

 

間違いなどはないの。
いつだって、あなただけが、

その瞬間に必要なものを知っている。

 

 

誰のアドバイスもいらないの。
だって、あなたにしか、知り得ないのだから。

 

 

 

あなたが、宇宙です。

この世界が何より素晴らしいのを知っている。

あなたは、そう契約してきたのだから。

 

 

 

背中を閉じなさい。

背中が痛むときは、
心から触れてもらうの。

からしか、伝わりませんよ。

だからこそ、背中を閉じ、

ちゃんと見て、聞くの。

一言も逃さず。

 

 

 

あなたは何使い?

大切な事は、その使い手しか、
それを扱ってはいけないという事。

それを、誤ってはいけないの。

叱られてしまうからね。

欲の上に扱ってもいけない。

それは、危険をよんでしまう。

 

 

神は、光の中から出てきたりはしない。

ちゃんと聞いて。

 

通りすぎた人の服の色は?
カフェの隣の席の人の会話は?
テレビドラマの台詞の中。
そして、目の前のパートナーの一言も。

 

 

あなたにわかる形で、知らされます。

段階があります。

 

 

早く気付けたら、何より。
火傷で済んだら、何よりです。

 

 

それは、愛なのか、欲なのか。

それが、指標です。

 

 

常に、自らに問う。
何度も何度も。

 

 

 

 

また、何処かでお会いしましょう。

会えますよね?

その時は、愛で。
愛だけで。