momo kamito official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

思考は「修行」がお好き。

生命は、「進化」するように出来ています。

身体が、進化するように
「意識」も変容していきます。

進化するとは、
前にあった状態が「無くなる」「絶滅する」とも言えます。


「変わる」とは、前のその状態が「無くなる」こと。


「なくなる事」を「思考」は「恐れ」ます。
これが、「変わりたいのに、変われない」を引き起こします



「変わる」その時、「何か(それまでの状態)がなくなる(壊れる)」


意識が、「思考」の存在に気付くきっかけは
人それぞれだけれど、

周りからみたら

「どぎつい体験」を繰り返す事で、

「思考から離れた意識状態」に至る方が多く見られます。


大病や、大事故、

離婚、破産、

自殺未遂、過食、拒食

うつ、統合失調症、薬物、男性依存



ドギツイ体験何かしたくないのに、
繰り返す。

繰り返しても繰り返しても、

そこに「答え」はない。


ほとほと困り果て、
絶望し、

「諦める」
「もうダメだ」


と、降参する。



その時、「…。あれ?なんだこれ…」


それが
「思考から離れた意識状態」の体験です。



思考は、ドギツイ体験、
言い換えると「修行」が大好きです。


[今のままじゃダメだ
もっと努力しなければ

もっともっと働かなければ
もっとキレイに…
もっといいパートナー]


思考に意識があると、
人は「修行体験」を続けます。


けれど、その修行には「終わり」はありません。
「修行させる事」自体が、
言い換えると「コントロールする事」が思考の目的そのものだからです。



修行しても、その先に「ゴール」はない。

それを、
病気や、大事故、とんでもないと思えるトラブルを通して、
気付く。



今を生きる多くの人は、
「現代版 ブッタの苦行」を行っているように感じます。



色々な苦行、荒行を行ったブッタは、それでも
「悟り」と言われる状態を見つけられない。


「もうやーめた」

と、思ったかはわかりませんが、
菩提樹の下に、ただただ座ったその時、
「悟り」を体感し、

「ブッタ(目覚めた人)」と呼ばれるようになりました。


思考が肥大化、大暴走して、
その思考の大暴走と一体化すると、

ヒトはとんでもない行動と取り始めます。


これが、内側に向くと精神障害やら何やら言われ、
外側に向くと、犯罪や暴力となって表現されます。


…待てよ。

前々回のブログに
「思考」は「本来の私」ではないと書きました。


思考のおしゃべりは、
「五感」という制限された感覚(光の全体、紫外線や赤外線は見えない)で
外側の世界を捉え、

「偽自己イメージ」を作り上げます。


つまり、「病気を治す」のではなく、
その「病気」自体が、「虚像」であるかもしれないという視点

この具体例を次の記事にて…

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain