読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

ちゃんと「「怒ってる??」」 怒り→炎症、ブツブツ

「蕁麻疹、炎症、湿疹、アトピーの症状がある方へ」

→「怒りの熱エネルギー」ためてないかな??

                                                                                                                                                                                  • -

ここで怒ったら関係にひびが入るだろう。

大人だし、会社の人間関係もあるし、

めんどくさいし

                                                                • -

色んな理由で、怒ることを殆どの人はしないかもしれない。

彼女もずっとしてこなかった。

結婚後、よく主人には

「mamiちゃん、子供が産まれても、叱れないんじゃない?」と、心配されるくらいだった。

今はそんな心配は無用なものになっていますが…
怒りを感じたら、しーっかり表現してます。

理由は様々だけれど、

その「怒る」表現をしない「弊害」をしっかり自分に受けているのを
感じる?

彼女は、感じてなかった。
怒らないのが、対外的に一番いい形なんだろうって。

だから、友達とも誰とも「喧嘩」した覚えがない。
喧嘩せずに、「フェードアウト」(さようなら〜…といなくなってきた)してきた。
(これが、彼女にとって喧嘩しない「弊害」のカタチ)

「怒らない(怒りの感情を感じているのに、表現してない状態)」は、本人の知覚とは裏腹に
いろんな弊害を引き起こしてる。


「「怒りはね、「熱」です」」

表現したり、しっかり感じる「ムカツクーーーー!!」を体感しないと
その「怒りのエネルギー、熱」は、

子宮にこもるカタチになります。

こもった熱はどうなるか??


「炎症(熱を伴うデキモノのカタチもある)」のカタチとなって、外側に見えるカタチになります。



外側に出た何らかの「炎症(湿疹、かゆみ、蕁麻疹など)」を抑えようと、
薬や対処療法に走っても、繰り返す。治らない…その時、

根本原因は、「表現しなかった怒り感情の熱エネルギー」であるので、
その熱を出してあげる必要があるみたい。(怒りを出す、表現する)

薬でたたいても、食事変えても、治らないのは、

いつもその「我慢」する状況があって(意識して我慢してる人もいれば、無意識の反射的にそれをやっている方もあります)
、「「怒りの感情熱」」を
身体にたたえているからかもしれないです。


体感ですが、これ何度も繰り返して、実験、検証した、
一応、「彼女」の中での、データです。


腎盂炎乳腺炎、じんましん、
左半身の炎症。


この度に、自分の感情を繰り返し、体験観察していく五年間(このうちの4年間は完全に症状に振り回されてました。一年間は意図的観察期間)。



ありえん言葉に手が震えるほどの怒りを感じる体験の時も、
ちゃんと怒りを感じてるのに、何も言えなかった。



「もめても、しょうがないじゃん…。笑ってればいいや。」って、
飲み込んだんです。



その数日後から、腰に激痛(正しくは、内臓痛だった)。なんじゃこりゃーって痛み。



でも「我慢」する事が大得意な彼女は、大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせて、三日目。




もう痛みが限界に達した頃、救急車で運ばれました。

痛みで、顔面蒼白、嘔吐してしまったから。



腎盂炎で全身に細菌が回ってた状態。



病院では
「何でこんなになるまで我慢したのっ!!」と、責められる。



「いやいや、「イタイイタイ」言ってたらみっともないじゃないですか」
 痛いって言いたかったけど、
「我慢が足りない」って言われるじゃないですか…(内心)



「アナタ馬鹿じゃないの?自分の痛みは、自分にしかわからないのよ。
 それを、気付いてもらえないとか、みっともないとか、人のせいにしない。
 アナタにしか、「アナタの本当」はわからないのよ。我慢して死にたいの??」




自分は、いつだって、後回しにしてきたんです。

好かれたかったから(どーん…(´Д` ))



ご飯食べにいくのも、「何処でもいいよー」
何処かにいくのも「調べるから、何処がいい〜?」



それが、「我慢」してるつもりはなかったんですが、
どうやら、そーじゃなかった。


出る出る、ブツブツ。
炎症。

かゆいかゆい、痛いイタイ(´Д` )



治療でその時は、抑えます。治まります。

でも、すぐかゆいかゆい。元通り。

主人にとって、一番の「どーにもならない患者」であったコトは確かです。



さて。
どうして、こんなに繰り返すのか?
もう、自分の身体、ココロを使っての、「大実験」の始まりでした。



「「
  怒る(悲しい、寂しい、モヤモヤ)(ネガティブと感じる)出来事発生!

  また得意の我慢→ 
 

   身体に出る変化をメモメモ。」」


これを繰り返して、ある規則性をがある事をまとめたものと、
いろんな参考文献あいまって、

「話し相手のいる private cafe」空間では、

「最近どうですか??」と、「感じているコト」を伺っていきます。





「怒り」の熱は、「〜炎症」のカタチ。

「嫌」という感情エネルギーは、皮膚表層の痒み、アトピーのカタチ。

「焦り、急かされている」という感情(根本的には、恐れ)は、
背中の肩甲骨周辺の痛みとなって現れるみたい。(血の気が引いていく感覚も、目の下のクマになって現れることも多々)

(部位はこれだけでなく、他にも対応はたくさんあります。気になる方は、セッションにて…)





これね、観察してみて。



かゆい時、何か「嫌」じゃなかった??

炎症。「怒って」なかった?

背中痛い。焦ってなかった??



その「症状」はね、対応する感情を感じてくれーー!
感情タンク満タンで、もう入らないよー!

の、サインみたい。




感情を感じるって、「彼女」にとってはとってもとっても難しかった。

逃げる逃げる。

「快」にすり替えようとしちゃう時期をたーくさん過ごしました。



寂しいのに、友達と騒いでみたり。

悲しいのに、一生懸命尽くしてみたり。

怒ってるのに、紛らわそうと料理に励んだり。

食べたり、吐いたり(初めて読む方はぎょっとして下さい☆)




何にすりかえても、「その時だけのごまかしなんだ…」と、名案つきた頃、


自分の中にどーしよーもない「怒り」があるなってちゃんと感じた時、
誰にせいにも出来なくなって、表現する事をせざるを得なくなって、
結果、表現しだしたとき、

「「症状が変化していく。」」



我慢タンクが、圧力鍋みたいにカンカンになってたら、もうとりあえず、
出すしかない。

圧力が下がるまで。これを「感情の解放」なんても表現されるみたい。


その「感情の解放期」は、当の本人、周り含めて、ちょっとすったもんだな時期に移ると思う。
家ももちろんその時期を過ごしました。


でも、
感情タンクが、表現することで、すっきりしてくると、

何が始まるか??

ここからが、「感情解放する意味と価値」に繋がっていくよ。


ただ、はちゃめちゃに感情が噴出して、
「我慢してたときの方がまだ楽だった」なんて感じる時もある。

彼女も、そうだった。

でも、それを人が体験していくのには、意味があるみたい。




ちゃーんと、自分の「好き、嫌い」が今まで以上にはっきりとわかってくる。

「こうしたほうがいいだろう」っていう「好き」じゃなくて、

「絶対これっ!!☆理由なんて知らんけど、これっ!!!」って。



その感覚が、絶対の「ナビゲーター」になっていくんだ。

「我慢」しているとね、その「ナビゲーター」の感度が落ちちゃうみたい。



だから、感情を表現する事で、

自分のデトックス、整理をして、

「感情センサー」の精度を上げていくの。シンクロニシティを追っていく。



そしたらね、色んな事、間違わない。
間違いはないんだけど、「迷路」には迷わないよ。

迷っても、抜け道を知ってるから、いつだって、安心していられるようになるよ。


その「ワクワク感情センサー」が導く「好き、嫌い」は、
人間関係、物、お金もいい意味での「整理」を担ってくれる。

「〜べき、〜しなきゃ」
「こう思われたい、常識、観念」



これは、ワクワクの指針になる「感情センサー」を鈍らせる。
だから、感情解放のステップを通っていくの


最近どーにもイライラ、落ち着かない
寂しい、泣きたくなる、
モヤモヤする

そんな時、必要なものは、ストレス発散?お薬?治療?

「あー。感情タンクの蓋が開いて、デトックスしてるのか?
 モヤモヤをこのまま気持ち悪いけど、ほっとくことで、感情センサーの感度を上げてるのか?」なんて視点も

面白いかもです。

観察してみてね。

いつだって、答えは自分の中にある。
誰にも覗けない。

秘密の花園。

How do you feel??

◇メールカウンセリング、
メールコンタクト

子宮の声って何?
丹田って声あるの?
ありのままの自分で生きるって?

その症状や、悩み、嫌いな奴や、
自信のない自分、
「「ちょっと待った!!」」

そこ、だーーいじな才能が、
隠れん坊してるんです!
ちょいと、そこら辺、Mami と話して腑に落として見ませんかい?
( ノД`)*
3回/5,000円(単発 1回/2,000)
詳しくはこちらから
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20140908

出張セッションや、お話し会
「「〜子宮の声って?
ありのままで生きるコトって?
ありのままで向き合うパートナーシップまで〜」」
のご相談も下記のメールアドレスにて対応致しております。

鍼灸師ならでは、カラダの仕組み、知識の部分からの触れ合いのコツと、
女性だからこそ伝えられる女性の子宮と、我慢しないことで開く、
インスピレーションを受け取る感覚の部分、
両方から体感できるお話会を二人でお届けします。

開催の際に、希望のトピック、話題などありましたら、
09063128033
m.miyama610@gmail.comより、
ご相談を承ります。

Pick up new course!!
 昼寝カフェ◎
~短時間の休憩で、
最大限に上質な眠りを~*

「~~昼寝カフェ*~」」始めました◎
「シャヴァーサナ  sleep」

普段、深くぐっすりと、
眠れていますか?
睡眠不足は、イライラしやすくなったり、
注意不足やうっかりとした一言が、人間関係にも影響する原因となります。

睡眠時間があまり取れない、
心がざわついて眠りたいのに寝付けないなど、
睡眠不足を簡単に解消できないと感じる時にぜひお試し下さい。

「シャヴァーサナ sleep」は、
とってもシンプル!
短時間でふかーい睡眠っ!
人間の脳波をα波に切り替える効果を持つ 「3つのツボ」に
鍼、または灸刺激を行なう事で、
短時間で、深い眠り、
眠らずとも深いリラックス状態と
入る事ができます。

30分という短い時間で、
数時間寝たような、
スッキリ感を体感して頂けます。
眠りの最後には、
ヘッドマッサージで、ゆっくりと、心身を起こして、
通常の生活へとスムーズにお戻りいただけるようお手伝い致します。

~「シャヴァーサナ sleep」
                                で得られる効果~
脳を休める。
ストレスおよび軽いうつの軽減・
眼精疲労、体の緊張緩和・
頭痛、疲労、不眠症の緩和・
血圧の低下を促進

詳しい流れとご利用方法は、こちらから…
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20140926/1411697721

鍼 cafe cotocoto~ありのまんまの、幸せを選択する生き方の提案~
HPhttp://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

「つくばスタイル」にお店の案内が掲載されています

元記事「Fairy tale~私だけの、アナタだけのoriginalな幸せのカタチ~」
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/

摂食障害や身体醜形障害、生き辛さの中で見つけた
「ありのままの自分」「子宮の本音の自分」に還ることで、癒えていく症状と、満たされ、
愛される「幸せを選択する」生き方をお届けする自然還癒セラピストmamiのブログ

こちらでも繋がれます
facebookhttps://www.facebook.com/mamiko.miyama.9

シェア大歓迎です。

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain