読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

すっぽんぽん。

「本音って自分勝手にやって、周りを振り回すこと??」



そうじゃないんだ。

ちょっと違う。




でもね、「本音」言ってこなかった時に、
「本音」の練習しだすと、

そりゃ相手は、

「今までと違う!!」って言い出す。





これね、面白い例えを見つけたんだ。





陸を歩いてたけど、

「空を飛ぼう」と決めた人がいた。

陸を歩くのも、空を飛ぶのも、
どっちも、いい悪いはない。


でもね、
空を飛び出したら、

「羨ましい」って言われたり、
「そんなの危ない!気違いだ」って言われたり。

周りからの

色んな「意見」「評価」だけじゃない。


「空を飛ぶ」には、

「離陸の時」の「重力を超えていく」っていう作業が待ってる。


重力を超える時は、

「圧迫感」感じたり、きつかったり、気分悪くなったりする。


でも、それを超えて、飛び立ったそこから見える景色は、

言葉にならない「感動」





陸を歩いているのが、今の自分。

それに優劣はないんだけど、空を飛ぼう(ありのまま、本音のままに生きよう)って思ったら

超えていく必要がある「重力」


それが、色んな意見やアドバイスや、
自分の中の感情の消化。






その「アドバイス」はさ、

その人も、ただ「ありのまま」にやりたいけど、
やれない何かモヤモヤしたものが、

どっかで「羨ましい」って気持ちが、



また色んな思考のぐるぐるを巡る中で、

「アドバイス」ってカタチになっちゃっただけかもしれん。



この間までね、

素敵だなーって感じる人がいたら、

その人から逃げてたの。


逃げる逃げる。


劣等感感じたくないし、眩しくて恥ずかしいし、
恥ずかしいからうまく話せないし、


そんで微妙な会話の間に耐えられないから、
話を続かせようと

一生懸命話してたら、

「おしゃべり好きなんだね」って言われて、悲しくなる。


「いや、気を使って頑張って話しふってたのに。しゃべりたくなんかないのに」って。


んで、その人が何だか苦手になる。


好きにやれていいよね。
〜さんだから出来るんだろうね。

おまけに「自分勝手だね」なんてついたら、

冷戦開始…。




めんどくさいことしないで、

「うらやましんじゃーーーーー!!私もそうなりたいんじゃー」って言ったらどうだったんだろう?



たぶん変なヤツ(笑)って思われて、んで親友になってたかもしれない。


「逃げる」って事をして、

何だかたくさん勿体無いことをしてきたのかもしれないと、


思うようになって、


もう裸ん坊の感情を、


「恥ずかし〜〜!みっともないーー(´Д`)」
って、
顔から火が出そうなくらい、

はたまた顔面真っ青になっちゃうくらいの



裸ん坊を見せる。


自分から。



そしたらね、

相手も脱ぐの。



服じゃないよ(´Д`)





素直な気持ち。



「あなたに、私の気持ちはわからないわ」

じゃなくって、

「私の事みてみてーーーわかってわかってーー」



「あなたのためと思って頑張ってたのに…」
じゃなくて、

「そんなの本当はやりたくないー。やってくれる?☆」




「しょうがないよね…」じゃなくて、

「しょうがなくない。それは嫌なの」




「大丈夫だから、気にしないで」じゃなくって、

「心配してくれーーー」


「自分勝手だね」じゃなくて

「勝手やってみたいーーー!できないーーー」




誰かの事が気になったり、
はたまた気に食わなかった時、



それ本当は

自分がやりたいことを思いっきりできちゃってる、

やってる人かも。

自分が我慢してる事を、

「ひゃっほーいっ」って、体現しちゃってる人。




私は、そうだったんだー。


その「苦手、キライ」「あーだこーだアドバイスしたくなる」って相手は、

スキの裏返しだったから、

「その時の」一番自分がなりたいなって部分を持ってる人だったから、


今は、


「ちくしょー羨ましいーー(´Д`)」
って

頑張って言う練習中。



涼しい顔しない。


ポーカーシェイスしない。


困った笑顔しない練習中。



そしたら、

ずっと仲良くなりたいなって、でもいえなかった人と、


「イヤミ」言い合って、ふざけてる自分がいた時ね、


ココロの底から、


感情にウソツキしないで伝えよう、そのまんまで生きていこうって感じたよ。






そしたらね、

モデルさんみたいな体型維持しなくても、

ファッション雑誌見て、スタイリッシュに整えなくても、

笑顔で、一生懸命しなくっても、

パートナー探さなくても




あ。寝ぐせついてた。

あ。食べ過ぎた。

あー。何もしたくないって

自分を、


「ま、いっか」って言えてたよ。

まだ「やせるメソッド」に「ほんとっ?☆」反応する自分がいますが(´Д`)



自分に「ま、いっか」を、深く深くやっていくと、


他の人にも、

「ま、いっか」って言えるらしい。

身内はこれ、難しいね。

あーだこーだ言いたくなるね。


練習。練習。



こんなコトを整理するきっかけをくれたのは、

「アナタ」がくれたラブメール。

アナタって旦那さんじゃなかよ。





ちゃんと、メッセージ受け取ったよ。

アナタが伝えたかったことそのまんまではないかもしれない。


でも、もぐもぐ、ごっくんして、
ちゃんと、腹に据えたから。



あんがちょう。






HP/

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain