momo kamito. official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

「ピ。」 これだけ。


「ハラ」の感覚と書いているけれど、



そう。

「ハラの感覚」。
前は、「シンクロニシティ」という言葉で表現してたもの。


でも、mamiには、「ハラの感覚」って表現がしっくりくるので、この表現を…。




ハラの感覚。


「何か気になる」

「最近ずっと目に入るな。これ」



を、気になったから、調べたり、

よくよく目にするから、何かあるのかなと、

「実際そこに行って」みたりしてたのです。





人の思考や感情が

病気や痛みを作るんだって「体感」を、

「体感」でなく、説明できるのは、

科学の世界では、「量子力学」って物理の分野。





抱く感情が、カラダにこんな風に影響するんだろうって事を

真面目に、科学で説明ができる時代になってきたらしい。





そんなこんなで、学生時代は、大っキライでチンプンカンプンだった「物理学」を、

cotocotoやりだしてから、「ふーん。こんな学問があるのか…。こんな風にカ

ラダの現象や体感を科学的に説明できるのか…」と、思ってたんだ。





その「何かよく目にするな。何かあるのかな」ってハラの感覚のままに、

そこに問い合わせて、

で、某大学。
研究員募集。

気になる。何やるかはその時は、まだわからない。
けど、行ってみる。(もちろん、家族と相談、調整をして)

で今、週の半分は、某大学の研究員をさせて頂いているのです。
ハラの感覚を信じて。




すると、自分がやりたいと思っている事、伝えたいと思っている事

(本音、ありのままの状態は、カラダに痛みや、症状を起こさない)を、より出来るように、



「ハラの感覚」は、その人をより、支援してくれるステージに引っ張っていってくれる。
その時は、「おっ!」とか、「ピッ!」っていう感覚。





実例でいうと、cotocotoのセッション

体感での説明ではつかみ難い、

理論的説明が必要なシーン。
(大勢に、不特定多数に話す)

「「「「それを埋める、知識や、理論が、今、目の前に溢れてる。」」」」
「何じゃこりゃ!!すごいっ」

「これをそんな風に説明できちゃうのかっ!!!」

この、瞬間。

これを、伝えていきたいのです。





頭(脳)ではわからない直感知の世界。
直感は、誰にでもある。

動物だから。






mamiの体感を説明する時は、

「ぬぁぁぁぁ。イライラするーーーーー!!!!!」ってハラの感覚。

男性にお伝えする時は、ちょっと伝わりにくい。




けど、

素粒子の振動」の原理で、人が病気なる仕組みを、

「理論的」に説明できる。




クォンタムジャンプ(量子跳躍)なんて表現を使ったのは、
その分野に、携わっているから。



クォンタムジャンプや、クォンタムヒーリングは、

よくホリスティックな代替医療の世界では

よく使われる表現です。




「だから気になってたのか(自分に足りないものを補う)」と、

「頭(脳)」は、後からついてきて、納得して、安心してくれる感じです。



先は、頭(脳)じゃなくて、「ハラの感覚」






ハラの感覚。

これ、本当っ!



頭で色々考えて、あのセミナー受けて、この資格とって、…etc

じゃなくて、




「ハラの感覚」は、びっくりする程、近いところに、

「「その人の手の届く所」」に、

その「ステージ」を用意してくれる。


底にある本音が出てくると、

「ふっ」と、ガチガチの肩、背中が緩んでいく瞬間を

目撃させてもらっています。




より、一層

本音、ありのままの状態が、

カラダに緊張を作らない、

「緊張状態」が続いて、その「痛み」へと変化していく。

から、自分の本音の感情のままに

生きていく、

カラダもココロも、しこりや緊張を作らない

らくちんな、自然な生き方を、

二人、それぞれのカタチでお伝えしていくようだと、感じています



cotocoto 二年目になります。

「 あ り が と う 」




より、シンプルで、

より気持ちいいカタチになってきました。



「ピ」と、ハラの感覚が来た方はぜひどうぞ!


http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto