読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

幸せになる。と、覚悟する。

パートナーシップ

「ママじゃない。」

私、「ママ」じゃないんです。

確かに、息子(4歳)と娘(1歳)のママではありますが、
パートナーの「ママ」ではないんです。

なのに…。

やっちゃってたんです ママ!!!

何でもしてあげる。
当たり前。

これ、ダメです。
自分にもダメだし、相手にも、ダメじゃった。


男性は「男の子(守られる者)」として、母親の元に生まれます。
この時は、
「尽くされる、やってもらう」が、
最大の「喜び」で、愛されている証拠のようになっていきます。

けれど、結婚や出産を経て、
「守る側」へと変容していく(しなきゃっ!)。

このときに知るヨロコビは、「喜」ではなく、「悦」

自分が頑張る事で、守ることで、「生きる」人がいるという、
震えるような「悦び」
これは今まで知っていた「尽くされる喜び」とは桁違いに、
自分の根底から支える自信になっていく。

それこそ、戦隊もののヒーローになった状態。

初めて、自分の土台、「踏ん張る理由」みたいなもんを、
自分以外の存在に見つけるんだと。

そして、「女性」は、
この「喜び」から「悦び」を教える、サポートをするんだと。


だから、尽くしちゃいかんのです。

「ママ」やっちゃいかんのです。

相手の「悦び」知る機会を奪っちゃいけんのです。

だから、女性は、「ワガママ」なくらいが調度いい。
むしろ、困らせるくらいでいい。
「私のお願い聞けないで、会社のお願い(仕事の案件)に答えられるわけ?」くらいに。


(ママに)「大切にされる、尽くされる」=「喜び」を知る (男の子)

「守る、尽くす」=「悦び」を知る (男)
(相手の機嫌がわるかろーが、不満の10や20聞いてあげられる)

mamiはずっと「ママ」をやってました。
それで「どうして私の思うような「大切にする」をしてもらえないんだろう…」
って
不満や、不信感みたいなの抱いて、人(パートナー)のせいにばっかしてたけど、


「ママ」は尽くして、当たり前なんです。
その「ママ」が見返りもとめたら、そりゃ、ちぐはくする。

この1年半ほどは、
ひたすら「やってあげない」練習。
それは、自分への練習。
ついついやりたくなる。
やってあげたくなる。

それを「必死にやらない」練習してました。

これ、「尽くす女(ダメダメ)」にとってはなかなか辛いんです。

色々言われましたよ。
相手にも、なぜか他人にも(汗)

「もっと労わったら?陽ちゃん(夫)可哀想」とかね。


いやいや、「ママ」やって、やりすぎて、
その現場たるや…。

だから、本腰あげてやってみた。

「何でもやってあげるママ、ひどい事いってもやっても、おかえりって
迎えてくれるママ」
から、

「守られる、尽くされる、愛される対等なパートナー(一方的にやってあげるなんて、ない、)女」への転身実験。

「やってもらいっぱなしなんてふざけんな!甘えんじゃねぇ!」の勢いです。


最初は、ゴリゴリしました。
喧嘩勃発、不満勃発。

でも、やってよかった。。
本当に良かったと思う。

女性って、尽くされて、大切にされた時に、
その相手に施すものって、
女性性(女性脳)のパワーたるやすごいもんがある。


だから尽くす男性にも、しっかり「バック」があるわけです。
尽くすと、それが何倍にもなって、
自分に帰ってくるんだから。

言いかえれば、男性に大切にされて初めて、
もともと備わってる「包容力」みたいなもんが、
本来の形で開花してく。


女がハラから満たされると、
それだけで、家族は回っていく。
家族がちゃんと回れば、
外での仕事も回ってく。

仕事が回れば、お金も回って、
人も回っていく。

だから、その土台になる、女。

女の私。
満たされてますか?

無理してたら、それは、
全てが(家族、仕事、お金、人)滞っていく。

だから、罪悪感なんぞ捨てて、
まず女の私を満たしてあげて。

「自分の事やってたら悪い」なんて思っている時、
その不満やフラストレーションは、
なんだかぎくしゃくした食卓や、
ちくっとしたイヤミになって、パートナーへと突き刺す「女性脳」の
得意技…(汗)

女って、基本「尽くす」ように出来てる。
子育てって「尽くす」の最上級の行為だから。

何でも察して、物言わぬ赤子を育て上げるんだから。

でも、この素晴らしい「能力」を、子育てにフル動因したら、
そのフル動因の疲れは、パートナーに癒してもらう。

ここ(パートナー)に甘えなくて、
ここ(パートナー)にまで尽くしてたら、

自分がもたないです。そりゃ、オーバーヒートして、メルトダウンします。
mamiはメルトダウンしました(汗)


女がハラから笑って、元気。

それだけで、全部回ってく。

mamiの場合は、本当にそうだった。


色々言われたり、自分でも、
これやってよかったのかな…って思う時期がもちろんあったけど、

今、ハラから良かった!!と言えるよ。

上っ面の付き合いなんて、誰とでも出来ますけど、
一生に1回するかしないかの結婚。


あまたいる男と女の中で、
せっかく奇跡とも言える確立で、
このカタチとったわけです。

それを、「上っ面」なんてもったいない。
と、mamiは思い、行動しました。

上っ面仲良しの果てに、
顔見ないのが当たり前なんてのになりたくない。
もったいないと思って。

自分自身が「ハラ」に正直になって、
それが伝染してく。

ハラで向き合って、「喜び」じゃない、「悦び」をしってく。

そしたら、それ自体が「仕事」になりました。

親愛なる女性の皆様。
「ママ」辞めて、
「頑張る」の辞めて、
「冷たく知らん振り」やめて、
「勝手にすれば」やめて、

尽くされる「女」もいいよ。

自分が満たされたとき、
mamiは「優しいとか、労わる、大切にする」の質や定義が
がらっと変化しました。

無理してないから、
ハラから優しくできる。

ハラから相手を労われる。

それした時、
目の前の人って、見たことないくらいに
満たされた、いい顔するんだね。

人のハラからの笑顔も見たい。
から、自分を満たす。

ハラの本音で、ハラに隠さず、溜めずに生きる。
それを、お届け、発信して参ります。

「ハラ、本音のありのままで生きる
              尽くされる、愛される女への変容実験…」

本音やりたいけど、怖い、
言いたいけど、言えない
そんな時は、
こちらを参考にしてみてね
「子宮に本音。」
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20140709


元記事
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/

本音、ありのままに還る橋渡しセラピーセッションはこちらから
http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain