momo kamito official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

満たされてる?悦び体感してる?

いや、許せないんです。どーにも許せん。

肚(ハラ)が、許せないって言ってるのに、
無理に脳で
「許さなきゃ…」って焦るから、

いつまでたっても、肚(ハラ)の気が済まないから、
「「いつまでたっても許せない、恨み言」」の連続。

相手の過去を許して、
「許せない自分」を許して、
「二人、思いあって幸せになりたい

二人、そう思ってるのに、
すれ違う。



「許せない思い」を、それを、「「「蓋して隠してる」」」から
二人が描く「幸せ」をずっと邪魔しちゃってたの。

それを解消しよう、クリアしようと、
瞑想も、赦しもやってみたけど、

やっぱ許せない(笑)


でね、諦めたの。
「「「「許す」事、諦めた。」」」」

あんなことされたら、許せませんっ!
許せない私のこの感覚は、
これでいいんだ!って。

「諦めた」から、パートナーに言いました。

ありのままの自分が感じてる、その「許せない」って思いを、
ありのままに。


「陽ちゃん。
 私、あなたが許せない。
 許せない通り越して、憎い。 憎くて、憎くて…(泣)」
(これ。まだ一年半前の事です)

そしたらね、不思議な事が起こりました


自分の中の、冷たく、硬くなってた何かが、
すっと溶けたの。

笑えなくなって、泣けなくなって、
「表情」を忘れてしまった顔が、カラダが、ココロが、

それまでせき止めてたものが、外れて、
全部が、戻ってきたの。


怒るコト。
泣くコト。  皆なるべくしないよね。


でもね、

笑うコト
泣くコト
は、喜ぶコトと、笑うコトと同じ。

ヒトには、必要なコト。

脳(頭)が、大人になるに連れて、
「怒ったら、大人気ない」とか、「みっともない」って

蓋をするコトを覚えていくけれど、肚(ハラ)が怒ってる、ムカムカする時は、
その「怒る」「ムカムカする」ってのが、
今のあなたに「必要」だから、それを感じてるんだよ。
それを、脳が、
「みっともない」「ヒトとうまくやらなきゃ」って押さえ込んじゃうから、

カラダはね、自分を緊張させて、「抑えないで!それ、必要だから感じてるんだよ」って
一生懸命、カラダを緊張させて、気がついて!って知らせてるの


その緊張は、その凝りは、疲れは
置き去りにした、
脳で押さえ込んでしまった
肚(ハラ)が感じた、素直な感覚を知らせてる


大人になって、素直な感情を抑えるコトを、
「大人になった」って美徳みたいに勘違いしちゃってる自分に、
知らせてる。

プイって怒って、
飽きっぽくて、
でも、何かに打ち込んで、
ぎゃーって怒って泣いても、
ぴとってくっついてくる、子供みたいに。

素直に。

笑えなくなって、
泣けなくなって、怒れなくなって、
食べられなくなって、
愛せなくなって、

でも、
幸せになりたい。


だから、一年半前から、
全部を自分に許してあげたの

怒るコトも、泣くコトも。
周りの大人が何を言っても。

自分の中の「怒り」
を表現しだした時、

「精神病なの?育児ノイローゼなの?」って責める家族がいたけど、

その時もね、
感じたことを正直に伝える。

「mamiは、笑ってて、明るくて、優しい時にしか家族として受け入れられないのは、とても、悲しい。

私は、ありのままの私と、感情を取り戻しただけよ。
これが、「私」です。

このありのままが「病気」であるなら、
取り繕った偽者の状態が「治癒」ですか?

都合のいい状態が、「まとも」で、
そうじゃなくなったら、「病気」と呼びますか?
悲しいよ。」

何も、感じなくなって、一度死んだように感じました。
mamiが食べなくなって、父は「このままじゃ、死んでしまう」と言いました。

でもね、
ちゃんと理由があった。

一度、全てが「シャットダウン」して、
再起動した時、

この瞳は、このカラダは、
全てをありのままに見せてくれました。


自分のみっともなくて、ずるいとこも、
「そーか、そーか」って許せる私へと、導いてくれました。


「私」は、「私」にしか、なれないの

私以外を羨んで、
私以外になろうとして、
私を見失って、


でもね、やっぱりたどり着くのは、
誰でもない「私」だった。(私の部分を、自分にあてはめてみてね)


理不尽に怒るし、意地悪もする。ヒトの悪口も言います。
私を好きといってくれるヒトが大好き。
だから、全力で大事にします。無関心で、取り繕う上っ面キライです。

あと、女です。
大事大事って、カワイイカワイイされてたいです。
パートナーがそれをしてくれない時は、容赦しません。

パートナーに遠慮しません。
「「「「たった一人の「パートナー」」」」だから、

貪欲に、望みを伝えます。
妥協しません。」」」」」



外側の人は、環境は、
私が、「私になるコト」で、自然に変わっていきました

離れる人とは、自然に離れてく。

それを脳は「何で離れテクノ?」
って言い出すコトもあったけど、

離れてくものを、そのままにした時、
そこに出来た状態、環境は、何より自分に「優しくて、居心地のいいモノ」でした。

だから、「「離れてく」」事は、悪いことじゃない
大丈夫。

その「離」があってこそ、そこに「はまれる人」が、人生に現れる。


自分がありのままになればなる程に、
その「はまってく」人、仕事、環境を、
肚(ハラ)は、直感、インスピレーションを通して、連れて来る

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain