momo kamito official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

境目どこやねん。

「子供は無限の可能性の塊よ」

「汚れがなく、純真無垢で、天使のよう」

ならば、その「汚れのない子供」
が、生まれる行為である

「交わり」も、

「汚れのない者」が生まれでる
「子宮と膣」も、

その子供と同じように「尊いもの」なんじゃないかと、感じるのです。

子供が「汚れない」のに、
子供が生まれる行為が汚らわしいとか、
いやらしいとか意味嫌うのは、

ちぐはぐ。

どっから汚らわしくなっちゃうの?境はどこ?

性も、交わりも、
心底拒否して、

やりきった後に何だかそう感じるのです。

半端に、本音をやるんじゃなくて、

今まで自分に嘘つきしてたもの、
全力で出しきったような気がするのです。

それに付き合ってくれてる陽ちゃんにも、
子供達にも、

本当にありがたいなと
感じるのです。

息子が二歳を過ぎた頃から、
子育てが大変で、
(おかしいんじゃないの?発達障害とかない?なんて、言う方もいたなぁ。余計なお世話も甚だしいっ(。>д<))

何でこんなに大変なのか、
逃げ出したくなった事も数えきれないけれど、

息子は、あれやこれややることで、

感情に蓋して、穏やかぶってる私に、

荒業的に、色々としでかし、
不安にさせ、
怒らせ、
喜ばせ、

「私って、本当はこんなに怒ったりするんだ」って、
教えてくれたように思うんだ。

今だってキレてます。

でも、めっちゃその場でキレて、怒って、

「終わり」。

ちゃんと感じた、その場で、
「出しきる」「表現する」と、
後にひかないのね。



だから、mami は、
回りのお母さんがビビるくらいに公園でもキレてます( ノД`)…

でも、手繋いで帰ります。

穏やかぶって、
子育てに悩んでる風だった時より、

いい。

「あのママキレてたね」とか、回りに言われても、
いーんです。

後腐れなく、手繋いで帰るもん。

子育てどうしたらいいのか、わからない…

そんな時は、
「もうわからん。全然わからん。お手上げー( ノД`)」っていう頭かかえます。

ふて寝します。泣きます。
パパに愚痴る。
「周りが言うことコト」なんて、
ほっといていいと思うんよ。

「穏やか、素敵な夫婦」って周りに言われてる時、
めちゃくちゃだったもん。

子供愛せなくて、
どうしたらいいのか、
途方にくれてたもん。

正直に怒っていいみたい。
子供にも。

「ママだってやだっ!やだやだやだ!!」

息子の方が大人な時がある。

何でもしてあげなくていいみたい。
へなちょこママでいいみたい。

「もうご飯作れない( ノД`)…」ってヘトヘトしてると、

「パワーいれてあげる」(背中踏むマッサージの意)


怒って笑ってて、
いじけて、ふてて、
愛して憎んで、全部ありーの、

どこまでも人間くさい人間、
始めました。

そんな人間くささを、
「いい匂い」と感じてるこの頃です…。

広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain