読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

セッション後の感想、体験談 〜十人十色のFairy tale〜

クライアント様からのセッション後の体験、経過、感想を頂いてます

この内容が、mamiにはお伝えしきれない

「子宮の我慢を溜めていること」

「子宮の衝動をきいてあげること」

「そこから、ありのまんまの自分になっていく過程にある事」
を表現されていて、
それを行なっている、行いたいと思っている人の、
電燈になるような気がして、

掲載のご了承を頂き、
こちらにて、シェアさせて頂きます

セッション後は、こんなカタチでのメールサポートにて
やり取りをしながら、「ありのままの本音のその人」までを
お手伝いしていきます。

以下、頂いたメールシェアに入ります

                                                                                                • -

いつもmamiのブログ楽しませてもらっとるよ〜(^w^)♪

つい最近ね、どーにもこーにも頭や身体全体を圧迫するような感じが離れなくて、苦しかった。

つらくて横になってるときにふと過去に信頼してた2人の人に裏切られて、ひどい仕打ちを受けた光景が浮かんできたの。もう何年も前のことなのに、未だに怒りがフツフツと湧いてきて猛烈にムカつき度が上昇してったんだ。

もうとにかく、その二人に対して『クソ野郎!』『クソ女!!』って怒りくるってた私。

その光景が現れ始めたと同時位に母親の機嫌が悪いのかちょっとしたことでも私を何度も責めてくる。

んで最後にはきまって『だからアンタはダメなんだ』のセリフ。

昔からずーっとそうだった。いつも好かれたい、誉められたい、
いい子でいようと必死だった。
そのうちだんだん周りの人たちも同じようになってった。
先生や友達ですら。
頑張っても頑張っても周りは満足しないの。

結果を残しても誉められるどころか『なんでこんな失敗したの?』『もっとできるよね?』『こんなもんだとは思わなかったよ』
『な〜んだ、そんな程度なんじゃん』のオンパレード。
私より結果出してない子や同じように失敗してる子もいるのに、そんな風に言われるのは私だけ。


その度にいつも自分を責めてた。なんで私はできないの?何をしても認めてもらえないの?

そうやって外にばかり愛を求めてた。それが自分の存在を計る価値だと強く思ってたから。

でも人の期待にばっかり応え続けてたらものすごく疲れきって何もできなくなった。
必死こいて頑張った結果、色んなもの沢山失った。

信じてた人すらいとも簡単に去ってった。裏切りという許せない行為を残して。

それから人が嫌いになった。
人に優しくされても信じられない。

人と関わることに物凄く嫌悪感を抱いてる自分。


私、ずっとねmamiと同じように怒りを外に表さなかったの。 怒ることに罪悪感を感じてた。イラついても怒らないというか怒りを無意識に抑え続けてた。人と争いたくなかったからムカついても無視して気を紛らわそうとしてた
その上、人に訳も分からない怒りをぶつけられたときも、勝手に妬まれて嫌がらせされても

『私、何か悪いことしちゃったかな』と自分を責めて一人落ち込むっていう何ともお気の毒な思考になってた。


んで、身体も心もにっちもさっちも行かなくなって、仕事やめて、しばらくして感情の大放出があって〜。もうマグマが吹き出しまくってる状態が続き〜だんだん変なシンクロが多くなって〜mamiに会いに行って〜自分と向き合う時間が沢山増えて〜自分に起こることがようやく理解できた感じ。


ただ怒りの感情を味わいつくしてもウォ〜!って出しても、奥にある怒りがどーしても抜けきらない感覚だったの。
なんだかモヤモヤ。。。モヤモヤモヤ。。。モヤモヤモヤ

そんな中、今までやってたつもりだった『自分を愛して自分を肯定する。』っていうことになんだかフォーカスせざるをえない気持ちになったの。


そしたら気づいてしまったの。


『私は自分が嫌い、愛せるとこなんかない』ってことを、本当は奥底で強く強く自分自身を否定していることに…( ̄○ ̄;)

でも何故かそこをスルーして、『大丈夫、私は自分を愛してるもん』とはいかなかった。なんかできなかった。


だから、目一杯自分が嫌いだぁー!を感じたの。そしたら出るわ出るわ。

『私は何もできないクズ野郎』『なんの魅力もない女』
『仕事してないダメ女]
そんなのがいっぱい。でもそれを思いっきり感じたの。自分のこと心底ダメなんだと責めてる自分自身を。


そしたらね、ここのとこずっと頭や身体中を圧迫してた窮屈感が消えたの!!


一瞬『え?!』って思ったけど、気づいたの。


『私は失敗など微々たりとも許せない位の完璧さを自分自身に押し付けてきてたんだ』

『かっこ悪い、ダメな姿でいることは絶対にOKなど出せない、出したくもない、そんなの見たくもない』って思ってたんだ。




あとね、人に怒りを覚えることを自分に許可してなかった。いつも心優しいいい人(という名の浅はか人間)を演じようとしていた。

奥底のどろどろしたものに無理やり蓋してた。

頭ではむかつくと思っていたけど、気づかないうちに本当は怒ることにしつこいくらい抵抗してた。

自分の中の黒いものを見てみぬふりして、

『いや、私はダメじゃない、すごいの!愛される存在よ』って無理やり意味づけして高飛車なお姫様ぶってた。



でもね、私、クソ女だったの(笑)


自分のクソさや自分の中のどろどろ、自分に対する無力感を排除して必死に愛してるフリしてたの。自分の大切な一部なのに冷酷に切り落としてたの。


な〜んだ、私ってすごいクソ女じゃん。ダメダメじゃない。
って認められたらさ、フッて力が抜けて、そんでなんだかめっちゃ楽しくなってきちゃって笑いが止まらんの。



クソ女の部分を認めたら、人から自分に投げかけられてきた理不尽なことに対してもまーったく罪悪感なしにムカつく!!を感じられて、んでそれが自然と外に出る感じ。




そんでね、それがチョー楽なの。


いや〜ん、私って自分自身を否定してることをひた隠しにして無理やり押し込めて愛だのなんだの感じたフリしてるなんて、どうしようもなくクソ女すぎる〜って(笑)



自分のダメさを長い時間見ないで、

んで、ようやく気づいた自分自身を認識したらなんだか自分のこと、めちゃくちゃ愛おしく感じたの。
同時にね、奥底にしつこく居残ってた怒りがスルンと抜けた。
私がずーっと持ち続けてたのは、ダメな部分が私自身の中に存在することすら許せなかった己への怒りだったんだって。





でもずーっと真っ黒いどろどろしてめちゃくちゃ毛嫌いしてたものをね、しっかり見てみたら全然真っ黒じゃなかった。私にパワーを与えてくれるすごくいい奴だったんだ。


その瞬間ね、あぁ。。。簡単に言葉で言ってたものとは全然違う本当の『愛』ってものがこれなんだってすとんと自分の中に落とせた気がしたんだ。

自分が見てこないようにしてた部分を一生懸命見てみたら自分という存在がと〜ってもかわいく思えてなんだかすんごく幸せぇーって気分になってた。




頭で分かったフリしても一向に変わらないよ。ってこと自体をちゃんと体感させてくれる。




しかもね、次の日何気なく自分のお腹を触ってたら『あれ?』ってすぐわかった。いつもいつもお腹全体がパンパンに張って引きつるよう苦しかったお腹パンパンマンがないの!

おなかフニャフニャで気持ちいいの〜!!

こんな変化も表れるなんてびっくりーおもしろーい☆


mamiが言ってたハラに落とすってこういうことなのかなって報告したくてメールしちゃったよぉー☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ありのままで生きる事は、

カラダにも、変化をもたらしていく。



メンタル面での変化だけでなく、

その人の体の使い方までも、変化させていく、



総合的な変化をもたらします。



「紫」(と、ここでは、呼ばせてね)



紫が、掲載に際して、

加えて伝えてくれたのが、


以下の言葉です


あくまでもこれは私が体験&体感したことであり、そしてこれは私の通過点であること。

これを体験したからといってすぐに全てが何もかもうまくいって人生バラ色。。。

ではなくて、その後も悩んだり、迷ったり、悶々とすることは当たり前のようにあること。

でも、それを無理やり排除しようとは思わなくなって楽になったこと。

体験したのは全然すごい人でも何でもなくて本当に普通のヒューマンだってことを一緒に伝えて下さい」





もう、何も付け加える必要ない。



今日は、「紫」が、mamiに変わって、
一つの「fairy tale」を、綴ってくれました。

あんがと。

























f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain