読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

〜子供は、子宮の声をママに知らせる郵便配達人◎〜

重要記事

 

子宮(肚、魂)の本音を無視しまくって、

「常識人、いい人、いい母、いい妻」してると、

 

「子宮」は、グレる。

 

 ガッチガチに固まって、冷えて、

「カラダの症状」として「アピール」してきます

 

 

その状態になって、初めて「あれ?」って気がつく。

 

「子育て中だけじゃない、全ての女性へ(男性も)」

 

子供。 オイタします

 

しかも、 「やってほしくない!!」 とか、

「ちょっと休ませてよ…」って時に限って、 「すんごいコト」やらかす。

 

そこには、こーんなパラドックスがあったのです…。

 

 

子供は、 お母さんの我慢やら不満、

いろんな溜め込んだ感情で、 ガッチガチの子宮をデトックスすべく、

溜め込んできた色んなもんを、

見事に引っ張り出すための「振る舞い」をしてくれます

 

びっくりするくらい「ピンポイント」で

ママの琴先に触れる事ばっかりしてくる

 

琴先に触れる= 普段抑えてる感情が溢れてくる

 

そんな大変な役を、子供が担ってくれるのは、

子供は、子宮の声をママに知らせる郵便配達人だからなのです。

 

 

お母さんが、「お母さん」じゃなくて、

我慢や本音を溜めない、 一人で頑張らないで

「ただ大切にされて、るんるん」していていい のを、

 

ママに伝えて、

ママが子宮の本来の感覚のままに、

ムカッと来た時に怒って、泣きたいときに泣いて、

笑いたい時にガハハって笑って ケロっとする、

 

「子宮に溜めない生き方の練習」をさせてくれる

トレーナーが子供です

 

なぜ子供は

[ママが溜め込んできた感情を引っ張り出すピンポイントオイタ」出来るのか?

 

それは、「子宮にいた」から。

 

十月十日、子宮にいて、

ママの溜め込んできた我慢も、憤りも、

 

「肌を通してずっとずっと感じて」きた。

 

 

  子供は子宮膜を通して、 ある意味ママ本人よりも、

「ママのありのままの本音」を体感している。

 

 

「本当のママの本音、ありのまま」を知ってるから、

 

「ママ、我慢して怒りも飲み込んで、 それしなくていいんだよ。

外の世界に出たら、デトックス手伝うからね(怒っていい、泣いていい) 」と。

 

 

胎児の時は、 ママが我慢したり無理すると、子宮が固まってくるので、

もちろんそこにいる「胎児の自分」だって狭いし、苦しい

 

ママが、嘘つきしないで子宮の感情のままに振舞う時、

子宮は緩んでるから、 「胎児の自分」も快適。

 

 

そんなわけで、子供は、 やるやるオイタ。

ママの感情を引っ張り出す。 (子宮が緩む、本音の状態にもっていく)

 

子宮、本音で怒ってる時に

実際怒らせる」という行動までママを引っ張っていく。

 

 

頭でこれを理解しようとすると、

「怒ったり、泣いたり疲れるし、辛いっ。穏やかに子育てしたい」と感じるけれど、

 

 

ママが我慢ためない、素直な感情のままに、子宮の本音で表現するようになると、

不思議とオイタの数はかわらなくても、

ママが楽ちんなだけで、回っていく。

 

溜めこんだ感情を強制的に出させることで、

強制デトックスさせてくれるのが、「子供」

 

子供が騒ぐ、落ち着かない

→「  そっちじゃない!ママ、 子宮の本音に嘘ついてる! また、無理してる! 」

 

って、知らせて騒ぐ。

 

 

子供は、ママが気持ちいい、無理、嘘のない、嬉しい=楽チン お腹の中にいた時と、同じ。

 

お腹の中にいるときは、 子供のためになるべく無理しない。

 

けれど生まれると、 無理して、

子供のためと、ご飯に掃除に頑張ってしまう。

 

それが「母親」って思い込んで…

 

それ、ぶーです(。・ω・)ノ゙ 

 

ママが楽しい=お腹も緩む=子供も楽チン

 

「お腹にいるときと、同じことが今も起こる」と、捉えて行動してみて下さい(^^)v

 

「「我慢すると、体に緊張が起こって、症状へと派生していくメカニズム」」は、

こちら

d.hatena.ne.jp

 

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain