読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

期待して勝手に自滅。

人間って、変な動物(´Д`)

無意識のうちに、期待してるの。

相手に、
色んな状況に。
んで、
相手も、状況も
「何もしてない」のに、

「期待しちゃってる」もんだから、

「裏切られた(;o;)」とか、
「そんな人だと思わなかった」

とか、

勝手に悲しくなったり、
恨んだり、
はた迷惑で、
よくよく、
観察したら笑っちゃうような

「自作自演」の人生劇場。

ここがミソ!!!!

勝手に
「普通こうだろう」
「これが、当たり前だから、こうしてくれるはず」
って、

「期待サングラス」をかけて
相手を、景色を、状況をみてる。



だから、
サングラスかけたままで、

「本当の景色」
「ありのままの相手」は、見えない。
そしてもちろん、、
ありのままの自分も…本音なんて、子宮の声も聞こえなくなってしまう。



自分が思う
「旦那さん像」を押し付け

それと違うと

「可哀想だわ私」劇場のヒロインになってみる。

自分が理想とする
「友達像」「子供像」を押し付けて

それと違うと
あの子変わってるからね」

バカにして、さげすんで、
わかったつもりの「「天狗劇場の主役」」。



反対に、バカにされて、蔑ろにされて悲しくなって、
また「悲劇のヒロイン」。

これを繰り返す。


コロコロと自分の配役を
「自分」で変えては、
(相手に、自分の「期待サングラス」から見える配役を押し付けては)

「うまくいかない」
「悲しい、寂しい」
「何で?どうして?」

と、原因探しと「対処」に
奔走してヘトヘトになる。

今日は、mamiの「期待」が生んだ、はた迷惑な人生喜劇小話を一つ…。



陽ちゃん。

「夢で号泣」したんだと。
さて。家族を守ろうと奮闘でもしたのかと、勝手に「期待」



mami 「何の夢だったの?」

you 「いや、何かね、やくざにマッサージしろって言われて、悔しくて、泣けてきた」と。

mami 「…。家族ネタで泣いたんじゃないんかい(イラ)」



すごい…。

「他人の夢」の中にまで、「勝手」に期待して、

「期待と違った」から、


「がっかり」「何だよ」
ってしてるの。


ひどっ!!!!!!(!!)


期待するのは勝手だ。
でも、それを「押し付け」たり、そこに相手を「はめこんだり」してはいけないんだ。


期待しまくって、がっかりして、失望して、
期待通りにやってよ!って押し付けて、怒って。

「感情表現できるようになった」のは、

子宮のありのまんまに戻る「一つの過程」


「「言いたい事言えなかったのが、いえるようになった。」」


そしたら、次は、
そのちゃーんと感じれるようになった「本音」を、

「誰のせい」もしないで、
「ふぅぅぅぅぅぅ」って、感じていくステップへ。

感情がぐわぁぁぁって、起こったのをキャッチしたら、ふぅぅぅぅぅって吐く。

感情の波に抵抗するのは

台風が起こった時、
対処しようとして

外に出て行って、飛んできた木に当たって怪我するのを同じ



「「ぐわぁぁぁぁが来たら、対処してあれこれすると、怪我、事故(トラブル)のもと。」」



ただ、静かに部屋にこもっていれば、
嵐は過ぎていく。

んで、外に出たら、あれま、快晴◎
だから、お弁当もってピクニックいこ〜

雨なのに、無理して頑張って、室内レジャーとか探して、
結局渋滞のスリップで、もうゴタゴタってよくある。


雨の時は、もう降参してお部屋。感情も同じ。


本音が悲しい、モヤモヤするのなら、そのまんま、ふぅぅぅぅぅぅぅ。だよ。

笑いたくないのに、

楽しくないのに、

「笑わなくていい」

ポジティブぶらなくていい。




寂しい感情をふうぅぅぅして、自分の中から出さない限り、

「寂しいサングラス」をして、何でも見るように人間は、

構造的に出来てるから、



人の幸せも、事故も、なんだろうが、「寂しい」ように見える。



だから、子宮に溜めた感情の消化は、避けられない過程。

「しまってきた感情なんてみたくない!!」って言われる方も。


そうなの。
何でしまったかって、みたくないからでしょ?


でも、その「見たくない!」ってレッテル貼るのは、子宮じゃない。

判断、統制機能の、肥大化しすぎた、「「脳のエゴおしゃべり。」」



その「脳のあれこれおしゃべり」を自分を錯覚したままだと、
もうグルグル、いつまでたっても、繰り返す。


何でか?
溜めた感情を体験するようになってるから



「自分のありのまんま、子宮の声」は、
「他人に強制させたりしない


「子宮のままの感情表現をする」事は、
自己完結。(
泣いたらすっきり、怒ったら、すっきり)


誰かにせいにして、他人にまでもっていくのは、「子宮の声」じゃない


子宮に溜めた感情の出し方、人のせいにしないで、感情を消化していくにはこちらを参考に…

「感情出産〜子宮に溜めた感情を出す〜」
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20141021



「「誰かに期待」」して、

「「誰かのせい」」にしてるうちは、

柿や栗が頭に落ちてくるよ。」

と、さるすべりが話しかけてくる(!)秋の日。


曇りの日。そのまんまに

Have a cloudy day …。


f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain