momo kamito official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

去るもの追わず、来るもの拒まず。

「嫌われるって大事だ」の
実際のトコロ。
http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20140918/1411019186

じゃあ、
少しずつ本音を出していったのか?
付き合い方を変えていったのか?

mamiの場合は、
子宮の我慢蓋がふっとんだ(過去記事参照)ので、

「少しずつ本音を出した」というよりかは、

突然「建前、嘘がつけなくなった」
「本音が吹き出した」ので、
周りがザワザワしました。

自分が一番ザワザワしました(´Д`)

いきなり
「嫌」って気持ちに嘘がつけなくなって、隠しても顔に
どうしても出ちゃうようになって、

色々言われました。実際。


「頭おかしくなったの?
病気になったの?」

「あー。本当のmamiちゃんに目覚めたのね」

「はいはい。何かに気がついたのね。」

 「何かにとりつかれたの?」とか(笑)

愛なんぞさっぱりない言葉の数々。

でも、そんな「周り」に囲まれていたんだと、
ちゃんと、目を背けず実感させられたのも、この時期でした。


自分に嘘ついて、
嫌われたくないがために
何でもかんでも集めて作り上げた
「色んな関係(しがらみ?)」に、

ココロおきなく、さよならできるように、

自分の子宮がしむけた
びっくりするような「数々の言葉」だったんだと、今は思う。


この頃、たくさん泣きました。

悔しくて、悲しくて、今まで優しかった人達は、幻だったのかと、

全部偽りだったのかと、

目の前を「現実」と思えない、
現実逃避みたいな時期でした。

子宮は、ハードな出来事をたくさん引っ張ってくる。

 「誰を信じたらいいの?誰も信じられない」って、
思ってたけど、
「誰か」じゃなくて、
「自分」を信じるんだよね。

自分が
自分の本音を無視して偽ってるのに、
「信じ会える関係」を

「誰か」に求めても、
そりゃ無理だ。


この頃から、
「嫌われる」とか「人が離れていく」
コトは、

何だか「ショッキングな出来事」ではなくて、

「次に付き合う人が現れるラッキーサイン」になっていきました。

  自分が変わる=付き合う人が変わる=
展開が変わっていく

付き合う人が変わる(誰かが去る)のを、
止めないでね。

その時湧き出てくる色んな気持ち。
「ぐわぁぁぁっ」ときたら、「ふぅぅぅぅ」で、
感情出産っ。

感情を出産する度に
(溜め込んだ感情を子宮から出す)


そしたら、引き止めたり、
すがったりしないで、

「去るものを追わない」で、そこにいられるように、少しずつなっていったよ。

たくさん泣いた。

ちゃんと「泣いた」から、
「追わないでいられた」んだと思う。

「クソヤロウ!」って
「「怒ったから」」

あの人を「恨まないでいられた」んだと思う。


「今」着れない服も、
「今」似合わない服も、

ちまちま、またいつか着る
ってしまってたやつ、

ぜーんぶ、さようなら。

 

すっきり。

「今」の私(アナタ)に似合う服を。
「今」の私(アナタ)に合う
楽チンな人間関係を。

 
最近は締め付けない、
もう布一枚みたいなやつ好きなの。マツコデラックス的なやつ(´Д`)。

服も、人間関係も、
「締め付ける」と、苦しい。


美味しいもの、楽しいのも、
わからなくなっちゃう。

 

「自分が気持ちがいいもの」を選んでいく時、

「必ず」
今まで、蓋をしてた、子宮に溜め込んでた「感情」が湧き出てくるよ。


服だったら、
「いや、ワンサイズあげたくない!」とか、
人なら
「本音やったはいいけど、後が怖い」とか。

その「感情」が出てきたときが、「感情出産」「子宮デトックス」のタイミングだよ。

mamiも、今もたくさん出てきてます
 
服も「もうちょい細いと決まる…?」(モヤモヤ、不安)

Blogを書くときも。

「あー。見てる人どう思うだろう」(ワサワサ、落ち着かない)

感情が湧き出てくる度に、逃げたくなるけど、
「ぐわぁぁ」っと来たら「ふぅぅぅぅぅぅ」の繰り返し。

やればやるほどに、デトックスされた子宮は、
より直感やインスピレーションを通して、
「より気持ちがいい」展開を用意してくる。

それが、人、仕事、お金に
カタチを変えて、
「現実生活」を満たしていくよ。



&#

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain