momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

feel your emotion

考えるな、感じろ。
あなたの人生のかじ取り、行くべき方向をしっているのは、脳(頭)じゃないよ。


その、腹の中。宇宙との繋がるトンネル[子宮]。


ぐるぐると、考えてもわからない。
「人生の展開と、宇宙のリズム」は、頭(脳)にわかるようには出来てい
ないから。



いつだって、アナタのナビゲーターになるのは、「感情、感覚」の部分。

今、何を感じている?

寂しさだとしたら、その寂しさを感じて抜けた先に、描く景色が広がっている


その景色がどんなかは、誰かのガイダンスではなく、
自分の目で、耳で、触覚で、体験しよう


自分で体験することでしか、
「求める充足感」は感じられないようになっている


ずっと、いい子で生きてきたのなら、
ずっとずっと、「誰か」の期待に応えるために頑張ってきたのなら


「期待に応えたい」のは、「ココロからの望み」ではなく、
「失望される恐れ」「嫌われたくない恐れ」からならば、


恐れ」から行動しても、うまくいかないことを、それぞれの人生の中で体験して、


「こうなりたい、こう生きたい」なんて願望ではなく、

願う事ではなく、



もう今、決断の時。

誰のものでもない、他の誰でもない「私(アナタ)」を生きる!

本当にしたい事は何?

本当に好きな事は?



世間がいう「美」でなくて、「私(アナタ)の身体」が知る「快適な状態。」

それが、必ず「美しく」見えていく。



お義母さんが、旦那さんが思う「優良母、妻」ではなくて、

「私(アナタ)」が気持ちのいい、「やってみたい」母、妻、子育てがある



誰かが築いてきた「優良、模範」的夫婦関係、親子関係」ではなく、
「私(アナタ)」が「私自身(アナタ)」を生きる事で作られていく


周りはびっくりなoriginal「夫婦関係、親子関係」を描くよ


「優良」ではなく「快適」を指標に◎



指標を、「優良」から「快適かどうか」に変えていく時、
同時に「強さ」が身についていく。


「直感のままに生きる」って、
常識に囚われている人にとっては、
信じられない、変わってる、常識的じゃない」人ととられるだろう。


批判される事もある。


でも、その人の本音は
「うらやましい
」だけだよ。



自分も腹の底では、「感じるままに」やってみたいけど、

「できない、踏み出せない怖さや、自信のなさ」を隠して
先に踏み出した「アナタ」にぶつけてるだけ。



そんな「やきもち」相手にしてる暇はないよ。

感覚(子宮)がひっぱる現実を、楽しむよ。


その「やきもち批判」も、過ぎていく。



自分が直観だけを頼りに、子宮の感覚だけを頼りに
「流れ」に委ねる程に、

批判や、評価の目も、声も、遠くになって、
「聞こえない」アナタになっていく。

あの時、批判したり、馬鹿にして蔑んだあの人や、出来事は、
「世界のどこか」に変わらず生きていても、

「アナタ」と交わる事はなくなっていく。

「交わらない=あなたの世界にはいない


批判したあの人は、
自分の子宮の「憤り」を知らせに来た郵便配達人。


肚(子宮、丹田)に抱えたものに、
外側の人や出来事は引き寄せられてくる。


批判される時、
自分の子宮に「批判したい自己否定感」がたまっている


それを「感情出産」してこう。

ぐわぁぁぁぁっと来たら、ふぅぅぅでね…☆



◇女は「我慢と本音」を「子宮に溜める」事で、
子宮を冷やしてしまうから…

「メール子宮セッション、対面セッション」では

あなたの子宮、丹田に溜め込んだ恐れや不安の感情に向き合うまでと、
そこから溜め込んだものを消化していく方法や、

溜め込まない生き方、感情を手放すために何が起こる必要があるのか、
カウンセリングして参ります。

本音を出していく事で、内側から子宮を温めるコツを掴んでいきましょう。


◇子宮を温めるメールセッション

3回/6,000円(単発 1回/2,500円)

※深い内容,セッションへとブラッシュアップしますので
2015年1月より,料金の変更を予定しています。
3回  6,000円 →10,000円  単発2,500円→3,500円

◇子宮を温める対面セッション60分 ¥5,500(二回目以降、¥4000への割引有)

お申し込み、お問合せはこちらから
m.miyama610@gmail.com


鍼灸セラピー cotocoto
~karadaゆるめて、子宮温めて~

HP  「子宮と作成 リニューアルしました!」
http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto


「つくばスタイル」にお店の案内が掲載されています


こちらでも繋がれます、リアルタイムの記事もこちらで配信しています

facebookhttps://www.facebook.com/mamiko.miyama.9

シェア、転記はご自由にどうぞ。
その際はリンク元の張り付けをお願い致します(^-^)

mami


怒った顔もびっくり惹き付けられる!
女はカワイイだけじゃないのよ。そうでしょ?♪



















広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain