読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

頭が食べたいものと、子宮肚、魂=本音が食べたいモノの違い。

食の実験

パパと昼間からデート。
お仕事の合間、子供保育園。(ニヤリ)

ここで多くのママは罪悪感出てくる…。



「子供預けて、好きなことするなんて…」
「もう「母親」になったんだから…」
「保育園は仕事の時だけでしょ」



私もそう思って、自分は後回しの生活をしてきたけれど、

自分が我慢してる」と、自然に相手にも「我慢させ」てしまう。


無意識のうちに。もしくは、意識的に…




ぱぱコが出かけるって言ったら、「いいよねー自由で」って冷たく言うとか

自分がやりたい事我慢して、子供と過ごしてると、
一緒にいる子供に思いっきり当たったり


それをたくさんしてきたので、
もう、


「自分に我慢させない、好きなことを最優先する!母親なんだから…なんて思わない」練習をして、
子宮の本音と向き合い始めて2年目。



好きなことをやろうと決めると、必ず出てくるのが、「罪悪感」。


「こんなことしてていいのかな?」
「周りからどう見られるのかな…」

これが、今まで子宮に溜め込んできた「不安」感情。




ぱぱコ。(パパの最近の総称)

患者さんに聞いた「お腹もハートも大満足のお店」を予約してくれたらしい。



前までなら、いつも私が調べて、予約して、「行こう〜」だったのだが、
本音出すほどに、
自分が色んな事を「辞めていく」ほどに、誰かがそれをしてくれる
…。




「色んな手配や、下準備が嫌い。めんどくさい、好きじゃない」事にやっと気がつく。

それにあいまって、料理もそんなに好きじゃない事に気がつく。


ここ1年ほどは、ぱぱっと大皿料理。
フライパン、お肉、もやし大活躍。


前なら、「今日品数少ないね」とか平気で言われていたであろう言葉は消え去り、
「うま!!」と、奪い合って食べる父子



「がんばらない」って、こんなに楽チンで、幸せをくれ

「4,5品作って、小鉢で出してたマクロビオティックで、お肉を避けて、大豆肉な日々」が遠い昔。


自分が自分に正直に、
自分が自分に無理させないことを、
ひたすら選択してきた2年目の冬。


クリスマス前に
また二人で、オシャレ食事に出かけられるなんて、


もう一度「ぱぱコ◎」と、微笑む自分と相手がいるのはちょっと涙出そう。

(子宮の本音デトックスを始めると、こうなっていくケースが本当に多い…

参考に…。
Re-birth〜死と再生というか死にそうになって生まれ変わる
http://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-11955022306.html



白砂糖とか油とかごちゃごちゃ言わないぱぱコと、デザート。

プレートは、私仕様に盛り合わせ♪。


色んなことを「常識」とか、「誰かがいう良い」って基準のままにやっていたけれど、


「自分が好きか、本当にやりたいか」を基準にすると、
大分「常識」とは、違っていく。

私は白砂糖食べてもるんるんです。
糖質は、カラダを酸化させると言われるけれど、
制限して我慢してる方が、私には酸化より有害でした。

ごちゃごちゃ心配して、あーだこーだ理屈や常識から選んだ
自然食の方が胃がキリキリします。



不安から食材探して頑張って、「いいもの」食べても、
カラダは、「受付けない
」のです。



だから、「あ◎食べたい♪」って正直に感じたものは、
それが、「えぇぇぇ!カラダに悪っ」って言われるのもでも、
素直な感覚のままに食べる。


「欲しい!食べたい」に、理由をつけずに…。


嘘つきして、観念ガチガチだった分、
子宮は、「何でもやってみたい!何でも食べてみたい!理由なし!」のようです。

色々言われるマックですら、
子宮は、「食べたい食べたい。よゆー。LLサイズ」とね。


ぱぱコ。
次は、いつものパン屋行こー。カフェオレ白砂糖たっぷり付で♪


カラダは「自分が今やりたい事」をやっていたら、どんな「有害」って言われるものも、
ぽいぽいっと排出してくれる。



それ、本当にハラの底から「食べたいもの」?
ハラ、子宮に聞いてみてね。



HP
http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
「つくばスタイル」にお店の案内が掲載されています


f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain