momo kamito official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

生理の時のイライラする、ナーバスになる秘密

我慢していない人は、殆どいない。

 

育ってきた環境の中で、

『他人に迷惑をかけないように」

「周りから浮かないように、目立たないように」という

「母親からの教育観念」が植え付けられているから。

 

 

お母さんが悪いわけではなく、 「子育て」を行う人間の習性の、一側面だ。

 

「これは、ダメよ、危ないからね、 これは、失礼よ」 と、

植えつけられていく。

 

 

これが、子供の安全を保つ側面、

自由な発想、行動を制限し、

 

「あるがまま」から、

「相手に好かれよう、相手を困らせないように、相手に喜んでもらえるように、

こうした方がいい、こうじゃなきゃいけない」

という無意識の思い込みへと巨大化していく。

 

 

さて。 でも、人間も動物。

「こうじゃなきゃ」の無意識の観念で押さえつけた本音は、

何かしらの方法で「出す」という事を、 行っている

 

 

それが、毎月の生理。

生理になると、何だか重だるかったり、 イライラ、モヤモヤしたりする。

 

これは、普段、 頭で、ごちゃごちゃ考えて生きてる状態が、

生理=第2チャクラ活性化に伴い、意識の比重が、

普段よりも子宮、肚に降りるので、、

より、本音の感覚が、表層に強く出てくる。

 

 

生理の時に感じる感情、

それが、普段押し込めているものを、

身体は、出そうとして、体感するくらいまで、 「上げてきて」いるの

 

 

毎月、毎月、ちゃーんと、

感情出産、溜めている感情を出そうとするサイクルが、

みんなの身体にちゃんと、備わっている

 

 

その、イライラしてる時こそ、

何もしないで、ゆったりと座って、感情出産してみて下さい。

 

力を抜いて、ぐわぁぁぁって沸き起こるままに、ふぅぅぅぅぅって、抜いていく。

 

(コツを詰めてみたい方は、メールセッションにてお申し込み下さい。)

 

子宮の声、子宮の感覚がわからないという人も、

「わからない」って思い込んでるだけで、

自然の事として、身体はそれを毎月しています

 

 

せっかくあがってきた、イライラ、モヤモヤを、

またしまい込まずに、出していこう。

 

 

感情は、しまってても、無くならないもの。

子宮に溜めてる間、温存して、育ててる。

 

だから、何年も前のことを、

女性って突然、昨日の事みたいに、 怒ったりする…

 

 

これが、「なくなってはいない」証拠。

見ないようにしまいこんだ感情は、子宮に溜めて、育つ。

 

 

んで、出てくるときには、 「もう離婚よ!!!」とか、でかくなる…。

 

体験者の声です(汗)

 

 

溜めないで出す。

毎月体が行うサイクルは、それを手助けしてくれている。

 

 

妊娠すると、食べ物の好みが変わるのも、同じ。

つまり、 妊娠して、食べ物の好みが変わったんじゃなくて、

本音では、元々それが食べたいってだけなのです。

 

 

「妊娠したから、有機のお野菜に、お肉を減らして…」って、

ママは子供のためと思って、 食べ物を変えようとするけど、

 

胎児的には、 身体に良いとか、自然のものより、

「ママが、ハラから望んでるか?」が指標です。

 

 

なぜか? ハラの本音に嘘つくと、身体は、ぐーーーーっと緊張を起こすから。

 

そしたら、胎児は?

 

「キツイ!狭い!!!やだやだ!!!」ってなる。

 

 

子供を思うママこそ、子宮の、ハラの本音のままに行動する。

 

 

と、子宮は緩み、結果、そこにいる胎児も快適。

 

 

マック食べたいのに、我慢して有機野菜食べてる時、

ぐーーーっと身体も、子宮も緊張してる。

 

 

「ママー!お野菜栄養あっても、 本音じゃないと、

本当に食べたいものじゃないと 子宮狭くて、たまらん!!!苦しいーー!!!!」

 

 

「生まれたら、本音だせるように手伝うからね!

本音にウソつかなくてもいいように、

怒れるように、色々やらかしてあげるからね◎

 

怒る練習、泣く練習手伝うからねーー!!」

 

 

By 胎児&子供

 

 

 

 HP

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

 

「つくばスタイル」にお店の案内が掲載されています

 

 

ママ、身体にいいものよりも、ママが本音で食べたいものにしてね◎

 

 

 

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain