読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

不安は、「不安を感じる事」でしかなくならない

 

「見た目が変われば自信がつくかもしれない。
   自信がついたら素敵な人と結婚できるかも。

 あんな扱いは、キレイだったら、しないで済んだ体験だったかも。

 やりたくないのに、引き受ける(優しいふりをする)事も、自信がついたらしないでいられる自分になれるかも。」

ついでにあの時のあいつを見返してやりたい。
努力。努力。


今度は、その「姿、カタチ」を維持しなきゃ
(維持しなければ、この人は去っていくかもしれない、扱われ方が変わっていくかもしれない)

嫌われたくないから笑顔で
優しく振る舞おう。


疲れてるせいか、
ニコニコ皆に気を配れなかったなぁ。


あの人に、どう思われたかなぁ。
うまくやっていけるか不安。


今、うまくやっていけてる人とも、
いつうまくいかなくなるか不安。



いつ離れていくのか怖い。

もう「不安と怖いことだらけ」。



あんまり不安だから薬飲んでみよ。ちょっとはましになるかも。



薬飲んでも、治らない。あれ、量足りない?この薬じゃ合わない?

ぐるぐる(@_@)

パニック障害統合失調症、うつ、社交不安障害、対人恐怖症


先生によって、診断名バーラバラ。



「沸き起こるこの感覚、感情は一体何なんだろう??」



でも、その感覚のままにあるコトは「いけないようなコト」に感じて、


(笑いたくない時に笑わない→愛想悪いやつって思われたら嫌だな)

(誰ともいたくない静かな感覚→皆とワイワイするのが、大学生だろ?)


10年前、何も考えずに飲んでました。 「嫌だ、怖い」って感じる度に、飲む。



そのうちに感じるのが怖いから、「嫌だ、怖い」と感じるその前に予防策みたいに飲む。
大事な日は、お守りみたいにの飲む。



失敗できない面接では、多めに。



薬を飲むと、心拍数が上がり、一種の「興奮状態」(攻撃的状態)が作り出されます
冷えた身体も心拍数の増加に起因して、あったかく感じ、身体も一瞬軽くなるように感じるので、



体感としては「具合がいい」ようにその時は感じる。



でも、無理やり「外側」から入れ、作り出される「興奮状態(攻撃的)」は、やっぱり
不自然。


もともとの「怖い、恐れ、不安」という感情を残したまま、
それを「怒」(攻撃的感情)にすり替える状態。

「人が怖いのに、攻撃的な状態だから、雄弁にしゃべれる」



作られた興奮状態は、ずっと続けると極端に疲労します
ので、体感として、

「ぐったり、何もする気が起きない」という、うつ的状態になる。

また飲む→興奮状態→疲労→ぐったり、うつ状態→これを解消しようとまた飲む→興奮状態…の繰り返し。

精神薬の離脱が難しいのは、このループ。



感じていた不安は、
「人に合わせて溜め込んでいる本音」。


そのココロノ体感は、 押し込めた感情を
見て見ぬふりせず
しっかり感じていた全うな「健康反応」

治すものではなく、

「ちょっと色々やりすぎ。休みなさい。そんなにやれない、やりたくない」って本音。

このカラダは、そんなに休みなく、
てきぱきと動き続けられるような設計には、
元々なってない



その薬が「感じるコト」を邪魔してしまう。

生命の本質、
本音の感覚、感情を麻痺させて。

その「症状」は、必要だから起こる

「無理していい人しちゃう自分に、
そんなことしなくていいんだよ!

休んでいいんだよ」

の、お知らせサイン。




誰かのためじゃなくて自分のためだけに生きるんだよ。



感情を感じる事でしか、満たせない感覚。

それが生まれてきた本当の目的。



その怖くて、逃げている感情を、 感じるコトにブレイクスルーがある。







これ、全部が
今の仕事に繋がる、


私を作る大事な体験の1つです◎





お薬、
ずっと、飲み続けるのが嫌になったから、





好かれるための努力に疲れたから、



お世辞ばっか言って、人に嫌われるの怖がって生きるのに飽きたから、





「ホントの自分」で生き始める決断




溜めた感情デトックス真っ最中の方、

これから始めようと思っている方、

子宮の声を感じ始めた方、


その「もうやだ…」

「何でこんなコト言われなくちゃいけないの?」的体験は、



「他人軸」から、「自分軸」に変える決心を促していくれているよ。



よよよ。














f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain