読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

君と出会った理由。

人生での体験は、全てが繋がっていて、意味のないものなどなく
隠しておくことなど、何一つ出来ないみたい。

そのために、用意された「感情体験」なのだから…。

お互いが、お互いを癒すために、
頭には計り知れない、緻密なパズルのように全てが、合致するように、
巡り会わせられたパートナー。


二人の間には、埋めようとしても埋められない何かがあったのは、
真実を告げていないから。

本当の自分を見せていないから。



先日、ずっと隠していた事を、パートナーに伝えました。



早朝に、告げる夢をみて、娘がこちらをパチッと見つめていたので、
「言うの?」と聞くと、「うん!」と。


(息子は、インディゴチルドレンです。(ここは、今後別記事にて)
娘は、もう、それを飛び越し、重鎮…。
彼女が、「Go sign」を出したら、もう行動に移すという一つの私の指標になってくれています。)



私は、大学院の学生の時に、レイプにあい、その際に妊娠しました。

レイプの事も、妊娠した事も、誰にも言えず、一人、堕胎しました。



そんな過去があっても、伏せたまま、結婚する機会を頂く。


でも、パートナーには、以前の結婚の時に
過ちから相手が妊娠し、堕胎、お金での決着という体験がありました。



結婚後、彼の体験を知った時、


「人生とは、一体どうなっているんだ?どうして一番触れたくない過去を、リンクさせる出来事ばかりが起こるの?

私が何をしたというの?」

と、計り知れない必然性に眩暈がしました。



パートナーは、私の体験を知らないので、

「確かに過去の行いは、消えない。でも、君の憎悪は、おかしい」
「僕の本当の気持ちは君にわかるわけない」と、


お互いを大切に思っていても、二人の間には、この話題が付きまとっていました。

全てを、告げました。




レイプされ、妊娠し、
誰にも言えず、一人堕胎して、

冷たいベットで、痛む術後の子宮に手をあてていたこと



その頃から、内側の子宮と対話する感覚を育んでいた事。


後、鈍痛に耐えながら、子宮に問い続けていたのです。


「私が一体何をしたというの?なぜ、こんな体験をしなければならないの?」

子宮にというよりは、神様に問うていたように思います。


すると、帰ってきたのは、空からでも、光の中からでもなく、
鈍痛残る子宮からだったのです。



「目の前の体験は全て、本当の自分で生きなさいというお知らせだよ」


その時は、本当の自分で生きる事の意味がわからず、その後も、

「回りとうまくやるためだけに、自分を抑える生き方」を続けてきました。


でも、それも、もう終わりだよというお知らせが、直接的にあったのが、2年前。



私にとっての「結婚、妊娠」とは、
「普通の幸せ」以上に、「これまでの体験全てを癒すためのもの
」である事。



それをことごとく裏切られるという体験自体が、


「気に入られるための生き方」を止めるために、「本音を引き出させる」ために現実体験が起きてくれている事を、

子宮を通して理解し、本来の自分を思い出している事。


体験を隠している事で、その時蓋をした恐れや、憎しみをパートナーにぶつけてしまっていた事。




ずっと、おかしいと思っていたの。

メールsession、シンクロ、はるちゃん(http://ameblo.jp/jj-haru)、なおさん(http://ameblo.jp/re-born68/




同じ体験を持つ人の話を伺う機会ばかりが続く。



もう、降参だなと。
ここまで開示するのか、戸惑っていても、
全てを受け入れていくために、MAMI(子宮)は、必要な人や、体験へと繋いでいく。



嗚咽が止まらなくて、
でも、フラッシュバックとは違って、

もう洗い流していく。
あの時の屈辱も、恥も、一人飲み込んだ思いも全て。


テレビの画面の中から聞こえてくる台詞。



「それでも、あなたは生きてきた。

それだけで、最良。

それを知って、本来の役目を生き出しなさい。

生まれてきた事を、遊びなさい。

手を取り合って。」


どんな過去や、体験、現在の課題があろうとも、
皆、生きていく。




私は、不思議な程、「都合いい」流れの中で生き始めているよ。

食べたいと思ったものは、近くの店に勝手に入荷していて、(ネットで買ってたのに)



信号は全部青、
駐車場は、満杯でも、ちょうど空く。



自分を癒すための試行錯誤の体験の全ては、

今、sessionを通して、


「感情と向き合う女性、男性」へ、子宮丹田の声を聞くとして、

伝えている事自体、不思議で仕方ない。



開示、感情を消化するほどに頭は騒ぐ「おい、大丈夫か?」

比例して、「都合のよすぎる現実の展開と、もっと楽チンで、忙しくなるという子宮の声」




あの時泣かなかった涙が止まらないんだ。

この瞬間を、きっとずっと子宮は、用意して、待ってくれていたんだ。



★ pick up new!
「本音 〒 ポスト〜見守りナビゲート〜」」

http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20141207/p1

★ 提供中のsession一覧

http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20141213/p3

★ HP

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto











f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain