読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

男枯れ

コメントにて質問を頂いた「男枯れ」を、今日はお届けしていきます(。・ω・)ノ゙



女性は、元々気質として、本音や我慢を溜めやすい。

それが、「相手とうまくやりたい、気に入られたいと思う相手」ほどに、

本音に蓋をして、




自分が心地よいか」ではなくて、

相手が、心地いいか、相手に喜んでもらえるか」を、基準にしていく。



最初は、それも楽しいかもしれない。


けれど、それを長年し続けて、
子宮の我慢も、これ以上溜められなくなった頃、



「自分が本当に望んでいるか、自分が心地良いか」

自分軸を取り戻す過程へと、入っていく。


メールsessionを、重ねる中で、
多くの方が、通っているステップを、今日はご紹介しますm(。・ω・。)m




我慢を溜めていた方が、
子宮の声を聞く、内観感情デトックスを始めると、

はたと立ち止まる瞬間がある。



他人軸で生きている程に、
違わず、同じような台詞が出てくる。



「私、…、うまく使われてるだけかも…」

「悲しくなってきた」
「むかついてきた」

「何で私だけ駒使いみたいに動き回らなくちゃいけないの!」





この疑問、恐れ、不安が出てきたら、
まもなく、
「噴出」を、体験していく。



まずは、「怒り」。

とても勢いを持った感情vibなので、
比較的ここは、出していきやすい感情vib。


勢いある感情vib

比較的出しやすいので、

一度、解放を体験すると、
「出せるようになった!」という開放感も手伝って、


目の前の家族や、パートナーに、



「ぐわぁぁ」と、感情vibが沸き起こると、そのままぶつけていくようになる。

最初は、それでいいし、
抑えきれない感情圧なので、そうなって、当然





でも、それに慣れてきたら、もう外にぶつけるステップから、次の段階へ…。


「ちゃんと怒れる、出せる」ようになった頃、一度対面sessionに来ていただいて、



その「抑えがたい感情が沸き起こっている間」、何もしない、波が過ぎるのを待てるサポートツールとして、

いくつかの体感ワークをお伝えしています。


この体感ワークも、感情センサーの感度があがっていないと、あまり意味を成しません。


そのため、メールsessionで、ある程度の内観を進めて、
感情センサーの感度を上げてからの、対面sessionの方が、スムーズに感情出産に入っていける
ようです。




今日のテーマの「男枯れ」について。

この沸き起こる感情vibを外にぶつけまくっていると、その周りに起こるのが、「男枯れ」です。






私自身、感情の蓋がふっとんだ時、

センサーmaxの状態で「怒り」を体感すると、

それは、もう抑えきれない、感情を体験しました。



コップを何度壁にぶつけて、叩き割った事か…??( ̄[] ̄;)!ホエー!!




それくらいの感度で、感情を感じていくようになります。



このセンサー感度は、円のようになっていて、
どの感情も中心点からの距離は等しくなっています



つまり、怒りも、楽しさも、ワクワクも直感も、全てのセンサーを上げていくので、

直感も、バリバリキャッチしていきますが、


怒りも、悲しみも、すごい触れ幅で感じていくので
最初は、その体感に耐え切れず、コップ叩き割りたくなります…。

これまで体験した事がないくらいに、
イライラ、モヤモヤします。
けれど、ものすごいワクワクもします。

やりたい事が、手にとるように見えてきて
現実化の方法も、直感を通して感じていくので、ワサワサもします。




私は、体験しながら腑に落としていくタイプだったので、
センサーmaxでの怒り、悲しみ、モヤモヤ、憤りの感情vibが起こっている間、
もうありとあらゆるもので、逃げまくった
のです。



その中の一つが、「周りにだしまくる、暴れる、モノ壊す」でした。



それをしてると、向き合うパートナーが、枯れます。



萎縮するという表現よりも、
生命エネルギーみたいな部分が、枯れる
ように感じたのです。



枯渇しているというか…。

男枯れが起こると、

男性は、
何を言われても、まさに言いなりのように行動し始めます。

言うとおりに動いてくれるからと、そのままの状態に甘えていると、

生気が落ちて、男性本来のエネルギーが感じられなくなっていきます。
それに伴い、感情のセンサーを意図的に落としていくので、

「生きているという躍動感、充足感」を感じなくなっていきます。



それをまざまざ体験して、

あぁ。この方法も違う。周りに出して振りまわしていては、ダメなんだ」と、試行錯誤…。



自分の体験と、クライアント様とsessionを重ねる中でのその体験を拝見していると、

『感情噴出期』に、怒鳴り散らしたり、モノ壊したりするのは、普通です。

むしろそれくらいの放出がないと、まだ抑えて、ブレーキを踏んでいると、捉えています。
それくらい何十年と溜めてきたのだから…。



でも、これまでの反動とばかりに、モノ壊して、暴れて、パートナーに命令して、言いなりにさせていては、

何も変わらないのです。



女性が土台とか、子宮の直感が、
「男性より優れている」だから、「ついて来い」ではない
のです。





男には、男の才が、

女には、女の才があり、



異なっているから、お互いに理解できない部分もあります。価値を感じられない時もあります。




けれど、その違いが、

「自分にはない才」「自分では見えない世界」を広げてくれる。



それが、目の前のパートナーなのです。



私は、感情噴出期、これでもかという罵声をパートナーに浴びせ続けました。

子供にも、手を出す事が普通になっていました。


でも、それでは、感情は抜けません。


いくら怒鳴っても、いくら叩いても、
自分の中のものは、そこにあるので、
満たされません。繰り返します。



周りが枯れて、自分の感情は抜けず、
今度は、自分への罪悪感と向き合っていくだけです。



sessionを行う中で、一時期クライアント様が男枯れを体験されていました。



「これまで、こんなに尽くして、我慢してきたのだから、今度は、あんたが我慢しなさい」

「もう色々やらないから、あんたがやりなさい!当然よ!」



言葉にしていなくても、そのお顔、カラダ全てから、

何処か悲しい、「やるせなさを払拭する当然の行い」のようなvibがにじみ出ていました。



それを拝見する程に、

自分を移す鏡として、
自分に言い聞かせながら



感情センサーを上げていく過程、
いかに、頭が「嫌!」と感じる感情が沸き起こった際に、

怒らず、人のせいにせず、モノを壊さず、
誰かを捕まえて愚痴にせず、

感情出産の体制

「脱力、無抵抗」の状態をキープできるかを、
繰り返し練習する期間に入っています。
今も、練習中です。



子宮の声を聞く、
直感導く生き方は、魅力的です。

絶対の安心感の元に、
全ての感情を遊びます



けれど、それには、

数年の内観を伴う事、

感情センサーを上げていくことは、

上に示したような体験を、殆どの方が通っていく過程があります。





自分が選択する感情との向き合い方で、
体験する出来事も大きく異なっていきます。

その一つ、「男枯れ」をお届けしました。

                                                                                        • -

枯らさないで、
水を与え、

潤して、満たして生きていこう。

手を取り合って…。













★ pick up new!

「本音 〒 ポスト〜見守りナビゲート〜」

http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20141207/p1

★ 提供中のsession一覧

http://d.hatena.ne.jp/hinatao-wife/20141213/p3

★ HP

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain