momo kamito. official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

「嫌われてなんぼ」  その1

 

子宮MAMIが言う。
 
「クライアントさんに慕われてるうちは、まだまだ」
 
 
 
クライアント様に嫌われる
=思考自我には面白くない、言われたくない事をつつく
(抑圧している感情に触れ、引き出す)
 
→必然的に抑圧している感情が表層まで、出てくる
 
→このタイミングが、感情出産。(直感を受け取る自分軸での生き方への入り口)
 
 
 
クライアントさんに嫌われてこそ、
 
本来のsession依頼の意味、
 
抑圧した感情を知覚して、感情出産まで繋げていく
( 感情表現の先に、感情センサーがあがる事で、キャッチしていく 
 直感、インスピレーション受け取る自分軸の生き方があります)
 
 
だから、嫌われることを怖がるのは、
 
「終了、無意味、もっと先行きなさい( ̄3 ̄)」という事らしい。
 
 
(´Д`|||) …。
 
 
嫌われるナビ
(クライアント様の抑圧感情に触れる、そこから、感情出産までをナビする)
を大分始めていますが、
 
それでも、実際体験すると、がっくり来る私がいます。
 
 
「あぁぁぁぁぁぁ、怖いっ!まだ怖いぞ!
   クライアントさん、絶対めちゃくちゃ怒ってるぞ!!щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!」
 
 
私自身、私の中にある感情を
クライアント様を通して、痛感させられます。
 
セッションを行うと同時に、自分自身の感情とも向き合っているです。
 
 
クライアント様がこぼす、自己否定感、不安、憤り、
それは、自分自身の写し絵でもあります。
 
そのたびに、脱力して、感じきります。(感情出産)
 
 
すると、その烈な憤りや、自己否定感を感じきると、
あとは、肯定感しかないのです。
 
何年もの間、自己肯定しようと努力して、自分磨きをしても、
絶対に出来なかった自己肯定は、否定感にどっぷり浸ったら、
勝手に自己肯定になっていました。
 
 
 
否定感に浸りきって、勝手に沸き起こるのが、絶対の安心感、肯定感です。
 
 
肯定感が育まれると共に、
セッションの価値にも、肯定感が沸き、
 
より、奉仕などではなく、
現実生活を満たす、より自分にとって、快適な選択(セッション金額を含め)を
していくようになります。
 
(単体での活動、メールsesionに関して、数名の方から質問を頂いておりますので、
こちらにても、お届けさせて下さい。)
 
 
感情を消化して、行動に移すほどに、現実の展開は、驚くスピードで変わっていく。
 
 
 
自分が楽しいと思える仕事の仕方が本当にある事、
 
ただ楽しい時間に、お金という対価がついてくる事。
 
誰かのためじゃなくて、自分が気持ちがいい選択をしてもいいんだという事。
 
 
そんな生き方を、最初からしていたわけではない自分が、そう生き始めた現実。
 
 
嫌われるのが怖くて、
嫌われないために、エゴの自己犠牲の元に、色んなものを譲ってきたのに、
 
今の目標が「人に嫌われる」なんて、
 
とても、不思議に感じているこの頃です。
 
 
 
お申し込みをお考えの方へ。
 
怒らせます、泣かせます ワサワサ、モヤモヤします。
 
(1.子宮と感情のメカニズムをきちんとお伝えしてからの
       手順を踏みますので、ご安心を…
 
 2.  抑圧感情がなければ、そのトラップにも反応しません
 
 3.クライアント様の子宮と対話しながらの抑圧感情へのアプローチを行います。
 
4.沸き起こった感情に対して、感情出産のコツをお伝えしながら、
実践を繰り返して、自分のものにしていきます。)
 
 
その感情表現の先に、望む生き方、
感情センサーがあがる事で、キャッチしていく 
 直感、インスピレーション受け取る自分軸の生き方があります。
 
その入り口まで、ナビ致します。
 
ーーーーーー
 
人は本来、自分軸でしか生きられない
 
「自分軸で生きるんだ」と決断する。
そこが、最初のスタートライン
 

 

 

f:id:hinatao-wife:20141230015944j:plain