読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

背中を閉じる。

 
感情と向き合いだして(子宮の声と対話を始めて)、今日で2年です。
 
娘(本日2歳!)が生まれてから。
 
 
何度か過去記事にも綴っていますが、最初はパニック。
もう、ひたすらパニック…( ̄□||||!!
 
自分の中から、自分とは思えない感覚が、様々な宇宙のメカニズムを話し出す。
最初は、子供が寝た深夜、ぱぱこに話しかけるという形で始まりました。
 
 
話しながら、二人で口を開く。
 
人間,感情、宇宙の仕組みを、話しているのは、誰?
話している私も、ぱぱこも、わけがわからない。
 
 
そんな視点があるのかと、ただただ驚く。
そうやって、この世界は何だか曇って、生き辛くなっていたのか」と、ぽけー。
 
 
それを伝えてきたのが、「子宮」。
 
 
感情の蓋が開き始め、これから体験していく感情の開放をしっかりとガイダンスしてくれていたのでした。
 
感情を感じていく過程をサポートしてくれるであろう人も、インスピレーションを通して、しっかりと知らせてくれた子宮。
 
 
思考自我の私は、パニック状態になりながらも、伝えられる直感を通して、
不器用ながら、子宮に従う生き方を選択して、2年。
 
まだ、2年。
 
だから、まだまだ本音を間違えます。(自分の事は一番難しい(=ω=。)\)
 
間違えれば、すぐ目の前の出来事でストップが入るようになって、
(元々ちゃんと入っていたナビに気が付くようになって)
 
安心して、飛び込んでいいんだ!間違いを恐れず、直感を追っていいんだ。」を、今も毎日続けています。
 
 
 
さて。今日は、
HPにも、ご案内している、
 
 
session 1  ~彩 sai ~  

 亀裂の入ったエネルギー穴を閉じる事で、本来の素直な感情や、

          子宮を介したインスピレーションを受け取りやすい状態に調整を行います。」  について綴ります。

 

ことの始まりは、やっぱり2年前。

それがその時の記事です。

 

「背中を閉じなさい」
 
「何かあると思う。」
 
 
子宮から、しきりに繰り返されるvib。
言葉に変換すれば、「背中を閉じなさい」。
 
 
当時は、意味不明ヽ(  ̄д ̄;)ノ
 
「背中って開くの?( ̄ー ̄?).....??」と、眩暈…。
 
 
 
背中。やっぱり大事なんです。
 
ぱかっと空いてる、または、穴の開いた風船状態の人の多い事…。
(エネルギーのだだ漏れ)
 
なぜ開いちゃうのか、開いてるとどうなのか、ずっと観察してきたけれど、
 
 
東洋医学で言えば、「ふうもん」って言われる部分。
 
 
子宮(第2チャクラ)から沸き起こる感情vibとは、生命エネルギーそのもの
なのです。
 
 
感情の抑圧度合いが高まって、本音の生き方から遠ざかると、
ある時点で、背中に亀裂が入る。
(実際傷が付いている訳ではない)
 
 
で、子宮(第2チャクラ)から沸き起こる感情vib=生命エネルギーが、
その亀裂から漏れる
 
 
漏れているとどうなるか?
 
すっごいいい人に見えます
マネキンみたいな怖さも一緒について来るけれど)ΣΣ┏(_□_:)┓iii
 
 
一見、穏やかで、優しそうな出来た人に見えます。
 
 
でも、これは、「本音に蓋して、自分軸を放棄した、ある意味危険な状態」。
 
 
いつ、「ボカーン!!」と、感情の蓋が開いてもおかしくないし、
はたまた、抑圧感情はもちろん身体の症状としても現象化されるので、
大病しても、不思議じゃない
 
 
そう。マネキンなんです
 
こギレイではあるけれど、何だか、違和感。怖い。
 
本音じゃないから、何がどうひるがえしても不思議じゃないから、何だか怖い。
 
 
という私は、まさにマネキン状態で数年を過ごしていたのです。
で、背中がいつも痛かった。
 
「嫌だ…怖い、悲しい、」という感情が沸き起こって、
それをポジティブに摩り替えたり、蓋して押さえ込んだりすると
 
背中激痛…。
 
それと共に、血の気が引いて、ふらふらして立っていられないくらいの期間があり、
数か月の間、殆ど布団で過ごす期間…
 
それでも、感情を抑圧した先が
感情の蓋がふっとぶという、強制デトックスコースΣ( ̄ε ̄;|||・・・。
 
 
その背中の亀裂から感情vibが漏れる状態では、
素直な感情自体が感じにくい状態になっています。
 
「本音がわからない」
「イライラもしないし、悲しくも、楽しくもない。わからない…」時は、
 
背中のエネルギー穴を閉じてあげると、
エネルギー漏れが減って、
ちゃんと怒ったり、悲しくなったり、
 
「感情(本音=子宮の声)を感じやすい」しやすいという事がわかってきました。
 
 
そのため、ステップ1~彩~の本音をはき出す対面でのsessionでは、
背中のエネルギー穴へのアプローチを行わせて頂いています
 
 
感情がちゃんと表出したら、後は、自分で感じていく過程へ。
 
ここからは、もう自分で繰り返し練習して身につけていく。
(過去記事にもまとめています。個人的なポイントは、sessionにてnavi致します)
 
 
 
感情出産について。
感情vibの体感の具合によって、いくつかワークをお伝えします。
 
ド級の感情の波」に、
沸き起こるままに委ねて、vibのままに泣けたら最高!ですが、
 
まだそれくらいの感度で、感情が出てこない、開放しにくい時は、
 
「感じていくワーク」(指先に視線を置く)のが、個人的には、おススメです。
 
 
 
 
session 1 ~彩~  と、session 2 ~藍~  の順序は、入れ替えも可能です。
 
詳しくは、HPをご覧頂いた上、お問い合わせ下さい。
 
 
★ HP sessionの詳しいご案内

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
 
 
もったいないので、感情vibエネルギーも漏らさず、満タンで。
 背中閉じてこう。

f:id:hinatao-wife:20150130212730j:plain

 

広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain