momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

「痛みが一番効くのよ。」

先日のsession、クライアント様の子宮から手厳しい一言。
 
昨日の記事にも書いた「背中」からの感情vib=エネルギーのもれ  
がかなりの度合い。
 
 
本人の体感としても、背中の痛みがキツイ。
 
整体も常連だけれど、
改善しない痛みと、感情の関係にもう逃げられないと観念せざると得なくなった
近頃との事。
 
 
その方の背中と子宮に触れる。と、強烈なvib。
 
言葉に翻訳すれば、「あぁ!このわからずや!」
 
 
一瞬たじろぐ。<( ̄□ ̄;)
 
その方の子宮と対話すると、何やら真理ではあるが、手厳しい内容。
 
クライアントさん子宮
この人、痛みが一番効くんだから。
色んな手を使って、本音で生きなさいってお知らせしてるけど、
無視するから、一番効く方法でお知らせしてるわけ。
 
mami
「…。そうなんですか…そうなんですね…( ( (__|||) ) )」
 
クライアントさんには、
 
「痛みが起こった時=ストップ(やらなくていい事、やりたくない事、辞める事) の目安にしてください」と、お伝えする。
 
 
 
痛みが起こって、その目の前の行動をやめようとする時、
抑圧してきた感情が必ず浮上する。
 
 
 
それが家事ならわかりやすい。
 
誰がご飯作るの?洗い物は?部屋がゴミ屋敷になっちゃう…etc
 
 
今やっている事の70%は、やらなくていい事です。
 
やらなくても死にはしないのに、「~しなくちゃ。だって~」と、
やらなくても何とかなるのにやっている事。
 
やりたくないのにやってるのは、
 
大体自分がダメ母、ダメ妻って思われたくないから。
 
 
やらないことで、浮上してくる感情から逃げてるのです。
 
残念ながら「子供のため、この子の将来のため」なんて、「ただの嘘っぱち」です。
 
 
 
そう思われた時に浮上してくる「自己否定感vibや、いたたまれなさvib」から
逃げたいから、あれもこれもと、動き回っているだけなのです。
 
「あれも、これもやらなきゃ、あぁ忙しい」と、へとへとになって、
 
結局は子供、夫に当たる…Σ( ̄ε ̄;|||・・・
 
 
わかっているのに、止められない。
限界極まって、爆発して、家事も子供も夫に投げ出す。
 
でも、結局また自己嫌悪で、せっせといつもの「一生懸命頑張る母さん」ループへ。
 
 
実は、誰も、そんなの頼んでません。望んでません。
 
 
 
ご飯は作れど、
早く食べろ、残すな。せっかく作ったのに、バランス考えてるのに
と言われながら食べるのなら、
 
無理しないご機嫌なママと、出来合い弁当食べた方が、よっぽど快適で、楽チン。
 
 
という私は、ガチガチにそれをやっていました。
野菜中心のバランスご飯、「頑張ってるのよママ」攻撃。
 
私も疲れるし、子供もご飯をあんまり食べなくなったのです。(3年前頃)
 
それで、おじいちゃん達にもらったお菓子なんかをバクバク食べるのを見て、
またムカついたり、悲しくなったり。
 (今は、もらったお菓子。奪い合って、食べてます。だって、美味いから(´Д`) =3)
 
 
「子供のため」なんて思っている事は、大体、一番迷惑でいらないものです。
 楽しくなくなる一番の呪文が、「子供のため、あなたのためを思って」です。
 
「いかにやってあげないか」を実験、追求してたら、
息子は色んな事が出来るようになってきました。
 
最初は、罪悪感の嵐
 
「これぐらいやってあげればいいじゃん。冷たいな」って。
 
でも、その沸き起こる感情を体験していく程に、
 
「やってあげること」=「子供が出来る事を奪ってた」んだと。
 
 
今は、色んな事を正直に子供にもパパにも伝えています。
 
自分が快適に過ごす事が、
結果、家族にも快適な状態になると時間をかけて、学んだからです。
 
 
子供と四六時中いるのは、体力的にも、元々持っている気質としても辛い事、
私一人で二人を見るのは、4~5時間が限度
(それ以上は、疲れて、休みたい、けど休めないと、結果無理して、爆発するから)
 
やりたい事(sessionや、大学での研究、一人の時間)をしながら、
適度な時間、子供と過ごす「子育て」がしたい。
 
 
「都合よすぎじゃない?」
 
都合よくていいんです。
 
自分に都合悪くしてると、いつか我慢は、子供や夫、
はたまた何処かに必ず向かうようになっているから、
 
自分に都合よくする時の罪悪感、迷い、不安」は、
自分で感じて、消化していくしかないのです。
 
 
 
自己犠牲の元に、子供や夫のためと動き回った結果は、
他の誰かがたくさんお手本を見せてくれています。
 
 
そういう生き方、私はもう嫌なのです。
 
 
だから、自分がやりたい事を最優先するように気をつけています
(まだ罪悪感が出てくるから)
 
やりたい事が出来ているから、子供との時間も、大切に出来るんだと言い聞かせて、罪悪感は、自分で感じていきます。
 
 
 
やりたい事をしていないから、子供との時間も、何もかも大切に出来ない数年間」が、それを教えてくれました。
 
家族団らんの時間は、「拷問」以外の何モノでもない時間だったのです。
 
「ママどこ行くの?」と呼び止められるだけで、
縛られて、自由が何もないように感じていました。
 
 
私にとっても、家族にとっても、辛い時間でした。
 
 
 
 
 
 
sessionでは、「決断、覚悟が必要」とお伝えしている事があります。
 
やりたくない、でもやらなきゃと思っている事、1つを辞める」=
「やっていて、何処か痛くなってくる行動を辞める」です。
 
止めようとする時、「えー!!回らなくなるよ」とか、「誰がやる?」と、
諸所感情が必ず浮上します。
 
 
その際にお伝えした感情出産の体制で、動かない。
 
その沸き起こる、諸所感情を、ただ体感しつづける
(簡単に表現していますが、
これが、どうにも耐え切れないぐらいの体感なので、
数年がかりで向き合っていきます)
 
 
 
これも、すぐ出来るわけではなく、繰り返し感情を体感していくと、段々と、
 
感情を体感しきると、身体は、緊張を起こさない」と、
身体の体感が教えてくれます
 
 
 
その痛み。
子宮からの声聞こえますか?
 
「痛いだろう。痛みが一番堪えるの知ってるもんねー!!
いい加減、本音のままに生きてみなさいよ!」
 
ぬーん。o┤*´Д`*├o
 
 
★ HP sessionの詳しいご案内

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
 

f:id:hinatao-wife:20150201230503j:plain

 

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain