momo kamito. official blog

自分和合からの錬金術∞いのちのお話

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

感情出産中の体感の実例、向き合いの現場。

この世界は、パラドックス(逆説的)に出来ている。
 
守れば守る程、攻められる。
 
隠せば隠すほど、暴かれる。
 
無理すればするほど、無理強いさせられる。
 
 
守るのを止めたら、守られる。
 
縛るのをやめたら、自由になる
 
 
だから、怖がらずに緩めていこう。
 
自分を、相手を縛る観念を、意志を持って、手放していこう。
 
let go
 
 
本音 〒 ポストに投函頂いた感情出産体験中の綴りと、
自分の観念に気が付いていく、向き合っていく過程です。
 
 
現実体験自体には、意味はなく、抑圧している感情を引き出させるために起こっているという視点
とても大切で、目の前に振り回されない大事なコツになっていきます。
 
この視点を繰り返し、練習して身につけていくために、
本音 〒 ポストでは、やりとりの回数の制限を設けず、
二ヶ月の間、自分に向きあう場と、
軸の調整のサポートを提供していきます。
 
----------------------------------------
感情出産中の体感、体験
 

今までなら、あの人はこうこうこういう理由で自分にな必要ないから気にしなくて良いとか、色々分析するだけで自分を納得させようとしていた。

横になって悲しい気持ちに浸っていると、自分の中?それとも体の上で赤ん坊が泣いているような感覚。

生まれたての赤ん坊ではないけど、まだ大人の言ってることもわからないくらいの幼児。

怖いとか、悲しいとか、感情に名前を付けるまでもなくただ大声をあげて泣いていた。(実際に自分は泣いてはいない)

いつまで泣いてるんだよ・・・(;´Д`)と頭はやれやれという感じ。でもそのうち泣き疲れたかのように泣き止む。

この子は何だったんだろうとふと思った。

きっと、今まで自分が最も無くしたいものと考えて、分厚い鋼鉄の容器に密封して地中深くに埋め立てようとしていた「感情」だったのだろう。

脅されて不本意にも書類にサインさせられた時、僕は銃を向けられても怖いという感情一つ見せない、

感じないような人に成りたかった。Vシネマのヒーローとか、ゴルゴ13みたいに。

本当は人から嫌われることが、責められることが怖くてたまらない

その気持ちに蓋をしていた。怖いという感情に対して鈍感になろうと努力するのはもうやめよう。そう決めた。

最近、すごく些細なことでも自分が傷つきやすくなっていると感じた。

 
なぜだろう。心の病にかかったのかとさえ思った。
今まで自分が纏っていた鎧を外したからだ。
感情を押し殺して、悪ぶって、警戒心を張り巡らせ、取り繕い、時には人や物を蔑んだり、罵ったりして心の傷を封印してガードするための鎧を纏ってきた
外すと、自分は本当はもっと繊細であることに気がついた。
 
傷だらけのまま、何も付けずに自分を守りきれるのか、不安になった。
 

でも、今までよりも人からの好意がとてつもなく嬉しく感じるようになった。

いちいち、涙が出そうになるくらい嬉しい
 
ここでまた傷が腐るほどの鎧を纏ったら前には進めず、同じことを繰り返すだけ。
だから逃げずに悲しい時は悲しい気持ちに浸ろう。
 
------------------------------------
 
 
思考は、不安、怖い、という感情を感じる事から逃げようと、様々な理由をつけて(赤字に示した部分)、感情を感じる事から逃げます。
 
こんがらがったように見えても、実は、全て、シンプル。
 
抑圧されている本音の感情(青字に示した部分)を感じるために、
出来事は起こり続けます
 
 
目の前の人や、出来事に 翻弄され、疲労するループに囚われても、
青字に示した、消化すべき感情までを見つけられたら、
 
人生は、とってもシンプルに過ごしていけます。
 
 
 
だから、小さな感情も、それへの理由つけも、蔑ろにしないで向き合ってあげます
すると、必ず、子宮の声は、直感を通して、人生の舵取りの方向を教えてくれます。
 
 
そんな場を、提供して参ります。
 
3ヶ月の3 step session プログラムは、こちらに詳しくご案内致しております。
 
 
 
★ HP sessionの詳しいご案内

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
 

f:id:hinatao-wife:20150202114045j:plain