読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

sexと、抑圧感情。

 

感情とは、第2チャクラ(子宮)から起こる生命エネルギーです。
 
意識の比重が、子宮にあれば在るほど、
パートナーとのまぐわい(セックス)の最中に、
 
感情が出てくることが多々あります。
 
(子宮自体が感情の沸き起こる部分だから)
 
抑圧した感情エネルギーの溜まった子宮は、
外的な刺激を通したまぐわいによっても、体感消化していく事が可能です。
 
 
 
 
感情抑圧度と、膣の硬さ、冷えは、わかりやすい程に連動しています。
 
つまり、いい子ちゃんしてる人程、膣は、冷たく硬い!!
 
セックス時のペニスの体感としては、
 
「包まれる」という安心感が、低い状態になっています。
 
わかりやすく表現すると、
ダンボールに入ってるのと、毛布に包まれるのでは、
 
気持ちよさが全く違う状態と、イメージして下さい。
 
 
怒りながら、不満を言いながら、感情体験をせずに、溜め込んでいると、
膣は、本当に硬いのです。
 
手を入れても、収縮運動は殆どありません。
 
これでペニスを入れても、フィットして包まれる体感は少ない。
 
 
けれど、そのまま膣に手を乗せてもらいながらくっついていると、
段々と身体の緊張も緩み、膣自体の緊張もほぐれています。(感情vibを脱力、無抵抗で体感した後)
 
 
その膣の内部は、怒りで不満を垂れて、感情vibをごまかして逃げていた時とは、別膣です。
 
柔軟で、手を入れても、吸い付いてくるような弾力と柔軟性を発揮します。
 
 
 
男性器がないので体感は出来ませんが、この状態の膣に入れたときの体感は、
ガチガチ膣に挿入したときとは、まったく別物であると容易に想像できます。
 
後は、パートナーの反応が教えてくれます。
 
 
まぐわいの最中は、思考自我が殆ど働かず(または暴走せず)、意識自体が、第2チャクラにあります
(開放して、性を楽しめる状態までのワサワサ感を抜けるステップがあります)
 
つまり、子宮感覚と同化している状態
 
 
で、パートナーを観察していると、悲しそうな苦しそうな表情でのエクスタシーを迎えます。
 
 
「悲しい、寂しい」って普段、頭で判断しているだけで、
第2チャクラから起こる全ての感情vibは、ハラに意識があれば、全ての感情体験が、「エクスタシー」であり、「オーガズム」
 
 
であると、腑に落ちていきます
 
 
 
悲しみですら、全ての感情体験が、子宮感覚では、エクスタシーであると、実感していきます。。
 
 
 
本音が生まれる場所(子宮、ハラ)でのコミニケーションは、
遠回りして意味の無い、実体の無い理由を持ち出して、あーだこーだと相手を説得、コントロールに時間を使う会話よりも、
 
ぴったりとピースがはまる何ともいえない体感です。
 
 
 
感情を感じ切れない時、
本音も何もわからない時、
 
頭でごちゃごちゃ考えるよりも、膣に触れてみると、(そこが感情が沸き起こる根源部分だから)
 
「冷たい、暖かい」の温度を通して、感情抑圧度を体感できます。
 
 
また、膣だけでなく、
ペニスにも、エネルギーの回転方向があります
 
 
血流が増えてきて、ペニスが硬くなってくると、
そのペニスには、エネルギーの回転が生じます。(量子理論で言うスピンと同じ)
 
 
 
そのエネルギーが向いている方向に逆らわずに、その方向に動かして、
ただ、伸ばしてあげると、相手は、エクスタシー、オーガズムを迎えます
 
 
これって、子育てと同じ!全部同じ!
 
 
「ブループリント(生きたい、動きたい、快の方向)」は、決まっている。
 
子供もペニスも、全ての存在が。
 
だから、そのままに、エネルギーの向かう方向を邪魔せず、その方向にいけるように支えて伸ばしてあげる。
 
 
自分の子宮の感覚に意識を向けていくほどに、
勝手に手が動くようになります
 
 
「そこは、エネルギーの向かう方向に回転やずらしを入れたら、もっと気持ちがいいはず=感情をそのままに体験していく無抵抗の状態」と、
直感が、動き方、動かし方すら頭を超えて、知らせてくれます。
 
 
 
自分の快と、相手の快が、ぴったりはまるようになっていきます。
 
 
 
相手を気にかけずとも、自分が心地いい事=相手も心地がいい全体調和状態 ステップへと変容していくようです。
 
 
 
男性向けのセクシャリティーを開放していくsesionを、整い次第お届けする事になりそうです。
 
 
 
 

自分の大切な『感覚』を感じて、受け取れるように。そして素直に表現できるように・・・

感情を消化して、子宮感覚を掴む、3ヶ月の集中プログラムは、こちらから(o・ω・o) 
 
 
★ HP sessionの詳しいご案内

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
 

f:id:hinatao-wife:20150208011711j:plain

広告を非表示にする

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain