読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

「~のため」っていう、嘘。

昨日の記事。

読んで下さる方の色んな感情に反応したのか、コメントをもらっています。

 

とても興味深いのが、
その方が「抑圧している感情度合いによって、反応する内容が異な」コト。
 

「ひどい。冷たい。がっかり。もう、mamiちゃん、わかんない!」という

反応を下さった方は、

相手に期待」してるのです。
 
 
期待とは、言い換えれば、「相手へのコントロールです。
 
 

相手が、自分が思うように動かないと、

その「期待」を真逆の状態への反転させて攻撃、アドバイスを飛ばす。

 

でも、それって、「怖い」だけ。

そしたらそれを感じるんだよっていう子宮(感覚の自分)からのお知らせ。
 
 

逆に感情の抑圧度合いが小さい、 子宮感覚で、本音で生きている人は、

「相変わらずやってるね~!」と、

何の怖れもなく、コンタクトして下さります。

 

 

同じ景色、文章を読んでも、反応する内容が全く異なるのは、

感情抑圧度の違い」をしっかり表しています。

 

私が昨日の記事を載せたのは、「自分への振り返り」のためです。
 
 
 
session外でコンタクトされる方を批判する意図ではありません。
 
 

「嫌だな」って感じている自分の気持ちに嘘をつかないためです。

 

ついつい無意識に、「いい人」したくなります。

 

自分の素直な感覚、

本音を大切にしないで、


自愛しないで、他人のために奔走しても、しっぺがえしが来ます

 

だって、外側の現実は、子宮の感情抑圧度の写しであるのだから。

 

だから、自分の素直な感覚に嘘を付かないコトだけが、
「自分に出来る自愛」です。
 
それが、他人にどう思われようともです。
 

「人のため」って聞こえの良い理由をつけて、自分を置き去りに、
自分の感情から目をそらすために行動しない訓練
なのです。

 

 

友達でも、
会いたくない時たくさんあります(-.-)

 

今はちょっとな…」ってちゃんと感じてるのに、

 

「友達なんだから」
「困ってるから」
「嫌われたくないから」っていう

 

一見外ウケするイイヤツ的行動してても、
何処かで何かの形で出ちゃう。

 

自分の肚無視して、


人のために、友達のために、
子供のために、旦那のために」って
ついついやらない
ための


自分への振り返りのための記事です。

 

 

本音を無視して、
身体の疲れを無視して

 

彼氏のため友達のために、
子供のため
ってやった後は、

 

尽くして尽くして,体力気力も追い込まれた頃、
 結局

「彼氏のせい、子供の、仕事の、旦那の、体調のせい」って延々と原因、犯人探し。
 

「~のため」って表現を人が使うとき、
自己否定感や寂しさ、憤りを抱えています。

 

 

誰かのせいにしなくていいように、
私は、自分のモヤっと感を大事にしたいな。
 

「今、ちょっと疲れてるんだ。ちゃんと聞けないし、今は、聞きたくないな」って

伝えて、

 

「あっそ。そういう人なんだ」なんて人は、
元々大した 「友達」じゃないでしょ?
 
 

「友達」って言葉で、見せ掛けて、コンロトールしたいだけでしょ。

 

 

それをちゃんと言える間が気持ちがいい、私にとっての友達です。

 

「私の場合」です。

 

 

色んな感覚があっていいんだと思います。
それぞれの表現は自分の場所で出来ます。

 

表現しないで、モヤモヤしてぶつけるなら、
自分の素直な感覚を知る所から。

 

私の記事に疑問や、不快感、がっかり感を感じたのなら、
子宮の声、感情vibを感じる大チャンス。

 

 

私の記事にムカついてがっかり、モヤモヤしたんじゃなくて、


溜めて、抱え込んでる寂しさ、疑問、モヤモヤ感」が、

私の記事を「単なるきっかけ」として出てきただけです。
 
外側の全ての出来事がそうです。
 
 
記事はいつだって、
私自身が「書く」という行為を通して、 消化して向き合っていく方向
私(子宮)が私(思考自我)に言っている」言葉を、 シェアしているだけなのです。
 
 
批判されたと感じたなら、
その人の抱えた罪悪感が反応した
だけ。
 
 
私を説得する必要もないし、
私は、私と向き合うためだけに、文章を書いています。
 
誰かにぶつけるエネルギーは、自分に使いたいです。
 

陰口、愚痴に使うエネルギーを、 自分の感情を感じるために使ってあげてください。
 
 
背中の痛みが、そのお知らせです。
 
 
 ★pick up
 
男性限定の「セクシャリティーを解放するbody session 」
~全身の感覚を開いて、受け取る、委ねるを知る~
 
 
 

自分の大切な『感覚』を感じて、受け取れるように。そして素直に表現できるように・・・

感情を消化して、子宮感覚を掴む、3ヶ月の集中プログラムは、こちらから(o・ω・o) 
 
 
★ HP sessionの詳しいご案内

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto
 
 

f:id:hinatao-wife:20150210130158j:plain

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain