読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

身体が緩んでからが本番。

 

 

 

 色んな身体の調整法はあれど、「感情を感じる」ステップを、自分でしないと、

すぐに身体は、まだガッチガチになります。
 
 
身体の反応=子宮の抑圧感情度を知らせるため
(本来の生き方から、ずれているお知らせ=痛み、身体の緊張)  だからです。
 
 
 
 ずれた生き方を戻すまで、気が付くまで、
身体と子宮はいくらだって、 緊張を起こして痛みと症状で、
(外側の出来事で、)知らせてきます。
 
 

だって「痛みが一番効く」から。

 

「痛みが一番効くのよ」
http://cotocoto.hatenablog.jp/…/%E3%80%8C%E7%97%9B%E3%81%BF…

 

 

鍼灸師や、セラピストが出来るのは、

「感情を消化していく緩んだ身体の態勢を整えるまで」のお手伝いです。
 
そこからの感情体験は、自分でしか出来ません。
 
 
 
他人任せにはできないようになっているのです。
 
 
「先生に施術してもらったから、緩みましたー」と、
完結したような感覚でいるのは、 mistakeだし、他人軸もいい所。
 
 
 
「何言ってんだ、バカヤロウ。(。・ω・)ノ゙」です。
 
 
 
そこから、

 痛みに囚われず緩んだ身体だからこそ、 感じられる感情消化を進めないと、
 
「「症状や目の前の出来事は変わらない。」」
 
 

身体が緩んでからが、本番です。

そこからは、自分でしか出来ません。
 
 
自分の感情を他人に、
魔法のように消化させる事は不可能です。
 
(それをしているつもりな施術者があるとしたら、ただのエゴちんです。)
 
 
だから、セラピストや施術者こそ、自分の感情と向き合わないと、
 
「救ってあげよう、助けてあげよう(自己否定感の未消化から、評価を欲する)」と、やっきになる。
 
頼りにされるって気持ちいいから(|||▽||| )。
 
 
 
でも、ただの依存関係。自分軸は、そこにはない。
 
 

施術者、セラピストの

救ってあげよう、助けてあげよう、教えてあげよう

という見栄えのいい自身の感情からの逃げは、通用しなくなっていきます。

 

 

たくさんの人に関わる程に、

評価が伴う程に、 忘れそうになります。

 

シンクロニシティを体感して、キャッチしていく程に、

「伝える」事を始める方がクライアント様にもいらっしゃいます。

 

 

その時、

伝える事を始めた人こそ、(施術者、セラピスト)

「自分の不快系感情の消化」に向き合う必要 があります。

 

 

わかった気になって、

「エゴ視点」から、ありがたくもない、

検討違いなアドバイスを飛ばす「勘違い太郎」

になってしまいそうになるから。

 

 

エゴ視点では、クライアント様の「子宮、肚、魂の感覚」は知り得ません。

 

感情の詰まりの無いただのパイプになる事でしか、身体の声も、

子宮、肚、魂の感覚も伝えられないからです。

 

 

 

施術者を 自分の子宮の声を聴く、溜まった感情を消化する
自分と向き合うためのサポートツールとして、
上手に使う。
 
 
sessionでは、
 
上半身にオイルで触れながら、背中のエネルギー穴、肩甲骨、鎖骨への調整を行なっていますが、
 
エネルギー穴を閉じるのは、
 
 
「本人が感情を感じて、消化解放しやすくするため」であって、
何かを楽にしたり、セラピストが感情を消化させるものではありません。
 
 
身体が緩むと、感情を消化する感情出産のカナメである
完全な脱力」を、体感として掴みやすくなるので、
そのためにエネルギー穴を閉じます。
 
一旦閉じても、感情を消化せず溜め込めば、すぐ開きます。
 
 
 
で、何で肩甲骨なのか?
 
To Be Continued…
 

 -------------------------------------------------------------------------

 

◆自分の大切な『感覚』を感じて、受け取れるように。

そして素直に表現できるように・・・

 

感情の消化 と子宮、肚、魂を感覚を掴む

 
「リピートなし!一生に一度の、
抑圧感情を投影して体験する、子宮と宇宙のメカニズムを知るメールsession
 
こちらから☆.。.:*・゚☆.。.
 ↓↓↓

http://hinata28.wix.com/hari-cafe-cotocoto

 

 

ご自愛実験共同研究員 お申し込み、詳細はこちらを参照下さいませ☆.。.:*・゚
 ↓↓↓

 

 

「施術者、セラピスト養成コース」 

音の構造、色霊、言霊の本質。 - セラピーcotocoto ~生きるコト、自分を愛するコト~

 

 

 家事メンで育メンぱぱコの 鍼、言霊治療はこちら↓

 

鍼灸治療院 陰日向 ~身体の声を聞く、身体の軸を知る~

http://hinata28.wix.com/kagehinata 

 

 (東京診療残り枠、少なくなっております。お早めに♪)

 

◆ mami blog とあわせて読むと本音のパートナシップを築きたくなる

日本古来の音 言の葉 経絡 身体の構造 etc...


「ハラ」の感覚を体感する鍼灸blog はこちら

陰ひなた便り 東洋医学・言霊など

 

f:id:hinatao-wife:20150215220131j:plain

 

 

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain