読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

「射精の重要性と自尊心を育む射精しないsex」使い分けの大切なお話。

本当に大切なことは、日々の生活の中に隠れていて、

どの瞬間も見逃さずにいる程に、
宇宙の叡智を知る事になるのだと思います。
 
 
今日は、
「攻撃性を抜く射精の重要性と
自尊心を育む射精をしないセックスのお話です。」
 
 
 
女性は、悲しい・寂しい感情を感じても
それをスルーして、家事や洗濯に励んだりしてしまうので、
いつの間にか「寂しい」という
男性に与えてもらえる素直な感情を腐らせて、
ヒステリックなイライラに変えてしまいます。
すると、男性もそんなチクチク女に与えたいと思わなくなって、
卑屈な態度や発言を返すので、
余計に触れ合いから遠ざかり、
身体も固く冷え、その冷えは家庭にまでもれなく派生します。
 
 
じゃあ、セックスしていればいいのか
というとそうではないのです。
セックスでも、ちゃんと感じている事を
言う必要があります。
 
 
普段も言えないのに、繊細な性の事を言えない
という人も多いかと思うのですが、
言わない事が、その距離感を生んで、
余計に言えない状況を作り出し、
腐敗した感情は、どうしたいいかもわからない程の
相手との距離を生む事もあります。
 
 
 
ここまでは前にも書いてきたのですが、
今日はそこから1つ新しい私の中の理解を書いていきます。
それは、
「射精するセックスと、射精しないセックスのバランス」
についてです。
 
 
 
ハートから沸き起こる事を男性に伝えると、
相手は自尊心を傷つけられた、否定された、侮辱された
と、受け取りがちです。
 
 
そこに何がおこっているかというと、
女性のハートから起こるエネルギーが、
男性の偽の自尊心をはがして、壊してしまうのです。
男性の思考は、偽の自尊心を守ろうと、
身構えて防御や攻撃体制に入ってしまいますが、
ここで、「本当の自尊心を立たせていく過程」
を構築するプロセスに入ります。
 
 
それが、
普段から定期的な射精を伴うセックスが取れている上での
射精を伴わないセックスです。
 
 
射精するということは、いのちを削る行為でもあります。
つまり、射精する時は無心で自分の事で手一杯。
射精を伴わないセックスは、快感と共に、
適度に頭が働いている状態です。
 
 
普段の生活で、
女性のホルモンバランス変化による
感情のアップダウンをぶつけられても、
喜びを与えられている、女性が受ける側である事を、
ちゃんと体感できる触れ合いを育むことが、
本当の自尊心を育むのだと感じています。
 
 
 
AV的な男性主導のセックスは、
女性の繊細ないのちのリズムが、勢いに消されがちで、
エネルギーの発散にはなりますが、
男性の自尊心が育まれるとは違うなと感じていました。
 
 
 
射精をする事自体は、余計な攻撃性をそぎ、
男性の理性が、際立ちます。
エネルギーが余っている時には、射精は必要です。
 
 
が、長期的に健康的なパートナーシップを築くためには、
短絡的な快感だけでなく、
凛とした自信に満ち溢れた、自尊心が必要です。
 
 
 
それには普段の生活で女性のホルモンバランスにより、
アップダウンする感情をぶつけられても、
自己卑下や攻撃に走らない自尊心を2人で育てていく事が大切です
快感を与えている・与えられるという自信は、
男性をより理性的に優しくさせます。
 
 
※ここでいう快感とは性的なものだけでなく、
住む家や十分なお金、子育て環境など、多岐にわたります。
 
 
 
これは、古代中国から続く養生術「房中術」に
詳しく描かれています。
↓↓
 
 
宇宙の森羅万象のあらゆる現象は
陰と陽の結びつきによって成り立つと説明する。
陰陽が平衡を欠けば消長盛衰し、調和すれば秩序が保たれる。
天地万物の一つである人間もまた同じ陰陽の原理に従っている。
一箇の人間もその中に陰陽があり、
陰陽の調和があれば秩序ある生活ができ、平衡を欠けば病となる。
男女においては男を陽に女を陰とする。
 
 
>房中術は、性という人間の必須の行為に対して節制を保ち、
おぼれることなく適度な楽しみとし、
無用に精をもらさないことで身体を保養し、
男女の身心の和合を目指すものであった。
 
 
 
 
今日のお話しまとめ
 
◆日々の生活の中で、ハートで感じる事をパートナーに伝える。
 
◆ハートの声を伝えるほどに、男性の偽の自尊心とプライドが砕かれて、
  いじけたり攻撃性が出てくる
 
◆セックスにも種類がある。
射精を伴うもの⇒いのちを削る(精気を外側に出す行為)ので、適度な頻度で
        余計な攻撃性を抜く、理性のバランスをとるためにも有効
 
射精を伴わないもの⇒頭が適度に働いて、
女性に快感を与える(感情をぶつけられて、しいたげられる存在ではない)
自尊心が育まれる
 
 
◆その時に、感じている事を伝えるセックス、
射精を伴うセックス(攻撃性を抜く)と、
射精を伴わないセックス(本当の自尊心がはぐくまれる)
適度な頻度で使い分ける。どちらに偏っても弊害を生む。
 

f:id:hinatao-wife:20160413183657j:plain

 

 

宇宙といのちのメカニズム 50のスライド集も、

ご注文ありがとうございます!

より本格的に、​身体と心・魂の関係性、
痛みや病気はなぜ起こるのか、
魂が伝えているメッセージの受け取り方、
トラブルが起こるエネルギー的解説、
直感力をアップする方法をまとめた図説スライド集。
内容の一部を見れる動画もリンク先にてご覧頂けます。
 
 
2017.2に浅草で行われた講演に使用したスライド集となります。
 
<スライド内容 4章>
1.【痛みは、魂からの愛のナビゲーション】   
 症状と痛みって、そもそもなぜ起こる? 三位一体の解説
 
2.【荒々しい愛】 全ての現象は、エネルギー状態のフィードバック
 
3.【量子的引き寄せの法則】 目の前の人を通して、自分が見える
  「反転の鏡の世界」
 
4.【直感力】人生の成功に最も重要な感覚【人生経営力】    
  過去・現在・未来の繋がりが甦る・宇宙の仕組み
 
 
 
maisonにパートナーシップや
momoの等身大の声を綴っています。

f:id:hinatao-wife:20170318123426j:plain

∽-∽-∽-∽-∽-∽
 
momo  kamito.
 
本当にやりたいことに挑戦する。
大切にしたい人を、まっすぐに大切にする。
限りあるいのちを、
本当の気持ちのままに生きる。
健康と豊かさの原点を、発信します。
 

 

<いのちのお手当て>→https://goo.gl/KTJb6A

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain