読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo kamito official blog

感情と直感・インスピレーションの仕組みを知って、 家族との関係やパートナーシップを改善したい ・愛を生き直したい全ての皆様へ

人は、自分を相手に映す事で、己を知る旅を生きています。
自分を愛することを忘れたまま、男女が出会い時間がたつと、すれ違い傷つけ合い、
その体験や記憶が積み重なり、愛する事も愛される事も恐れてしまいます。
男女は、それぞれが幸せの形を望んで仕事や子育てを紡ぐのに、すれ違っていくこれまでのパートナーシップ。
幸せを運んでくると思った結婚や子育てでの課題を通して、本当の幸せを切り開いていく。
そんな時代が始まろうとしています。そのきっかけを、子供達が運んでくれています。
 
男女は、これまでの多くの時間をお互いの本当の幸せとは、逆の事ばかりを繰り返してしまっていたのです。
恐れから女性を本気で愛せない男性。傷つき疑い、愛される事を諦めてしまう女性。
恐れや虚無感からステータス習得に走る男性。生活と子供のために心の声を抑える女性。
欠乏感を癒す、安心感。その答えは、男女のパートナーシップにあります。
ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。
 
愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。
自分を愛し、2人で築き上げていく最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金…
貴方が問題と思っている出来事を紐解き、男女が双方が存在意義を思い出し、
欠乏感を癒し安心に還るヒントを、シェアしていきます。

なぜ尽くしてはいけないのか?女が自分を優先する事は、 単に女のエゴで終わらないその理由。

いのちのお話 パートナーシップ 重要記事
☆初めてこちらにいらして下さる方は、こちらをどうぞ。
いのちの大切なお話
 
意識と感情のプロが届ける
いのちのお話会事務局
 
 
 
なぜ尽くしてはいけないのか?
なぜ女は、夫より子供より、
自分を優先するのか?
 
 
女が自分を優先することと、
男が自分を優先する事の違いは何なのか。
女が自分を優先する事は、
単に女のエゴで終わらないその理由。
 
 
2015.4 から、vol.3にわたって綴った
自己犠牲の母性から、
愛される覚悟をもった女への脱皮
という記事があります。
それを、洗練して再掲載です
 
 
<あげまんの定義。
それは世間的定義とは180度反対>

f:id:hinatao-wife:20160907174848j:plain

本当のあげまんの定義。
それは、尽くして
支えてくれる女ではないのです。
それは世の中で言われる
「あげまん(自分を抑えても、旦那を支えてたてる)」を、
やり尽くして、感じる実体験を元に
 
 
男性に進化を促すのは、
女性が感じる
本心から起こる感情だから…。
男性にとって、
都合のよくない女、
思い通りにならない女、
感情に嘘をつかない女が、
本当のあげまん
 
 
相手を好きになって間もない頃や、
結婚したての時は、
何も見えない程に勢いと盲信で、
エネルギッシュな状態です。
相手の全てが愛おしく、
欠点など全てなかった事にするぐらいの勢いで、
「お母さん役」を
望んでしている女性も多いと思います。
 
 
 
しかし、時間が経ったり、
子供が生まれるとそうはいきません。
時間が経ち、冷静さが戻ってきたり、
子供の世話にいっぱいいっぱいなると、
「男性のかわいい所」と思っていた部分が、
重荷に見えだす事が起こります。
これは、殆どの男女が辿る
プロセスの1つかもしれません。
 
 
パートナーは、
お互いが見つめてこなかった
深い感情を引き出しあい、
喜怒哀楽のまん丸の
いのちに戻していくための
鏡の役割をして向き合っています。
 
 
 
<自分に嘘をつかない女(メス)を生きると、
最初に起こる事>

f:id:hinatao-wife:20161101162646j:plain

 
自分の感情を
素直に表現してこなかった女性が
感情を表現し出すと、お相手の
男性から出てくるであろうセリフがあります。
 
「どうしてそんなに感情的になるの?
ヒステリックなの?」 
「そんなに怒るのは変だ。etc … 」
 
 
怒らない事は、
穏やかな聖母ではなく、
どう思われるか怖くて、
怒れなかっただけ。
怒った時の自分が感じる罪悪感や
いたたまされさから逃げて、
本音を抑え込んでいるだけ。
 
 
お互いに仮面がはがれて
どうしようもなく弱い、
卑怯な所を見せ合う時、
男女は互いが
一番の敵のように思えてきます。
愛しい相手が、
一番嫌な事を平気でしてくる相手へ
と変わってしまうのです。
 
 
その一番嫌な事をする相手こそ、
自分の蓋してきた感情のエネルギー種を
人生に取り戻して、まん丸のいのちを
生きなおすきっかけを与えている、
その時のベストパートナーとなって、
対面しています。
 
 ☆
 
 
「一番嫌な事」をされれば、
必然的に他の人には見せてこなかった
感情や本音が出てきます。
その本音を表現する過程がなければ、
仮面夫婦のまま、
どこかに満たされない感覚を抱きながらも、
そんな思いを抱いてはいけないと、
思いにまた蓋をしてしまいます。
 
 
この一番嫌な事を意図しないでし合って、
まん丸全ての喜怒哀楽を
生きていく引き金をひき合っているのが、
魂視点でのパートナーシップの
スタートの段階です。
 
 
 
 
<子育てって何だ?
自分が出来ない事を子供に教える矛盾>

f:id:hinatao-wife:20161101162748j:plain

 
自分が怒っている時、嫌な事された時に、
「嫌だ」って言えないのに、
子供に「嫌なことされたら、嫌って言うんだよ」
っておかしくない?
 
自分が嫌な事を嫌と言えないのに、
怒れないのに、主張できないのに、
子供に「ちゃんと嫌って言わないと。
また嫌な事されちゃうよ」
って、変だと思うのだ。
 
子供がいじめられるのは心が痛いのに、
自分の事をいじめ続ける大人の矛盾。
 
 
 
 
<母親という受け入れ力を
女の指標にしている限り、
自分の可能性を閉ざしている「男の子」。>

f:id:hinatao-wife:20161101164608j:plain

尽くす事、感情を抑えて、
相手の言うままに支える事。
それは支えても尽くしてもいない。
母親代わりになって、
お世話を焼いて、
「奮い立つような男性のプライド」をそぎ、
「男の子マインド」から男への
精神的進化を阻害している事に
気が付く必要がある。
 
 
 
相手にNOを提示すること、
その時に感じる罪悪感は、
母性が元来備わっている女性には
耐えがたいものです。
けれど、罪悪感から逃げて尽くして、
お世話を焼く時、男性の支え力、
奮いたつような芽を
つぶしているのだと思います。
 
 
強く優しい男性が咲く秘訣は、
少しも無理して尽くさない事.。.:*♡
女性が自分の感覚を
ぶらさず大切にしている事。
 
 
「男性と家族に尽くす事」が
女の仕事と思い込んでいると、
男性の可能性は咲きません。
女性が「母親代わり」
してはいけないという事です。
 
 
 
 
もし男性に対して、
母親代わりをしていたなら、
急に本心の欲求を伝えだした時、
相手は火が噴いたように
異論を唱えだします。
でも、それは自然な事です。
 
 
悲しい事実ですが、男性にとって、
守り慈しむ女性ではなく、
身の回りを整えて守ってくれる
「母親代わり」
をしてしまっていたのです。・゚゚…
 
 
そんな安全安泰な環境を守ろうと、
「男の子化した男性」は
ありとあらゆる正論、
言い訳を持って
攻撃してくるかもしれません。
そこでも貴女の違和感を
ぶらしてはいけないのです。
 
 
それこそが、
男女共に創造していく
循環する生き方」への
お試し試験でもあります。
男性の猛攻が激しい程に、
「母親代わり」
をしていた自分に気づかされます。
 
 
 
それでも何度でも、
自分の感覚を指針にして
伝える時間と過程が必要です。
始める時が遅いなんて事は
ありません.。.:*・゚
思い立った今が、
最良の始め時です(*^^*)
 
 
嫌なものは、はっきりと嫌という
違和感を誤魔化さない
嬉しい時もおんなじ
くるくる変わる感情が、
ナビゲーターです。
 
 
 
<女の提示するNOの可能性>

f:id:hinatao-wife:20161101162915j:plain

女性が、産後クライシスや
「もう全部ヤダ!」と
一見「破壊」に見える
行動言動に陥るのは、
破壊の後に
生まれるものがある事を、
無意識の内に
知っているからかもしれません。
 
 
 
現状を変えていくエネルギーは、
不満や強烈な疑問である事が
多くあります。
疑問を抱く事で、
今はないように見える、
より創造的な今を作る。
創造的破壊・イノベーションを行う。
破壊と創造のきっかけを、
身体をもってして担っているのが、
女性なのかもしれません。
壊す事は、自分への
信頼があるからの行為。
それは同時に、
過程を共にする相手への、
最大の敬意と愛と感じます。
 
 
 
女性が感じる感情を表現し出して、
はっきりと自分の主張を伝え出した時、
今までのように
「都合がよくない相手」を目の前に、
そこから逃げずに、その相手と
忍耐強く向き合っていく過程の中で、
男性のどっしりとした安定感が育まれ、
佇まいにも力強さが漂うようになられます。
 
 
 
<なぜ尽くさないのか?>

f:id:hinatao-wife:20160401110839j:plain

なぜmamiちゃんは旦那さんを
誉めないのと質問された事がありました。
誉めて、持ち上げるのが
あげまんだと思っていると、
男性からいつまでも、
蔑ろな扱いを受ける。
誉めるとは、
その時ばかりはお互いに気分がいい。
 
本音を言わない事は、優しいのではなく、
本音を伝えた時の相手からの
反応の怖さから逃げているだけの
「ずるさと弱さ」だから。
 
 
それでは、
相手の男性の支え力と守り慈しむ力、
現実の建設力を潰しています。
 
 
NOと提示する事で、
男性の支え力が洗練されていく。
「これぐらいでいいだろう」に対して、
提示されるNOは、現実建設力、支え力を、
バージョンアップさせていくのです。
 
 
「私が選んだ男は、もっとやれる。
もっとできるでしょ?
そんなもんじゃないでしょう?」
という、
可能性への信頼の証が、
現状へのNOの提示。
 
 
 
<相手を通して、
自分を知るパートナーシップの神髄>

f:id:hinatao-wife:20161101165536j:plain

パートナーは、
どうにも頭にくる言動を
するかもしれません。
それが隠してきた自分の
一部かもしれないと知る事、
そのように相手を見ると、
意識という量子レベルで
変化が起こっていきます。
※相手の人生にではなく、
自分自身の人生を変えていきます。
 
 
男性からは、
目の前のパートナーは、
愚痴っぽくて、怒りっぽくて、
素直じゃない女に
見えるかもしれません。
でも、その愚痴っぽくて、
怒りっぽくて、
素直じゃないのが、
全部自分の隠している
自分の片割れを見せていると受け取れた時、
目の前の女性は、
毛嫌いして封印してきた
大切な自分の一部を見せて、
まん丸のありのままの貴方を
思い出して受け入れる景色を魅せる、
まさにベストパートナー。
 
 
 
女性からは、
目の前のパートナーは、
虚勢を張ってかっこつける、
はたまた、
弱くて何かに怯えて
自信がなさそうに
見えるかもしれません。
 
パートナーは、自分が忘れた
情熱的でパワフルな冒険家のような自分を、
または、本当は弱くて怯えて自信がない、
社会でやっていくために、
封印した弱い自分(これも大切な自分の一面)
を魅せてくれています。
 

f:id:hinatao-wife:20161101165615j:plain

 
 
 
男性が、女性の言葉や
女性の感じている事を、
自分自身の隠してきた
一面を見ていると捉える時、
男性の本当の優しさが
華咲いていきます。
男性は、本来、
守り慈しむ愛する力に溢れた生き物です。
 
 
女性は、自分が選んだ相手は、
自分の全てを
さらけ出して大丈夫
という強さと奔放さが、
生み出すいのちの
スペックを上げていきます。
 
 
 
<男女は、今までやってきたやり方と、
180度違う事を試験として
受けている人生ゲーム>

f:id:hinatao-wife:20161101170213j:plain

 
自己犠牲の母性が標準装備で
搭載された女性は、
「自分、自分」言う練習です。
母性が本能として
身についているが故に、「断る」事は、
とてつもない罪悪感や
嫌悪感を感じるのが、女性です。
(自分を大事にする事を実践済の
生まれながらのbitchさんは別ですが…)
 
 
NOを提示する時の
罪悪感から逃げて
何でもやってあげる方が、
その時は楽で、相手も喜ぶ。
でも、そこに男女の
お互いの成長はありません。
 
 
男女は、お互い今までやってきたやり方と、
180度違う事を
試験として受けている人生ゲーム。
君が「自分自分」言うなら
僕だってというのが、
5歳児mindです。
 
 
女性は、慣れ親しんだ
「尽くして、いい女と思わせたいmind」
からの卒業ゲーム。
男性は、慣れ親しんだ
「女に都合の良さを求めるmind」
からの卒業ゲーム。
 
 
そこには、
「身体の触れ合い、コミニケーション」が
二人を繋いで、意識の進化を支えてくれます。


 
男女は、(本)心で向き合う時間を通して
お互いのmindを、
「自分自分、見てみて、
俺すごいだろう?の男の子マインド」から、
「支え力を発揮する守り慈しむ男」へ
「自己犠牲の母性」から
「愛される覚悟をもった女」への脱皮の過程☆.。.:*・゚

f:id:hinatao-wife:20160429095120j:plain

 『いのちのお話会∞お手当て』
に関しまして
この度から、
お話会をチケット制にして
販売させて頂く事にしました。
定額代金のチケットを
購入して頂いた方は、
会場場所や参加人数・参加費など
全てをご自由に決めて頂けます。
(チケットを共同購入して頂く事も出来ます。)
 詳細はリニューアルHPに
ご紹介させて頂いております
 
いのちのお話∞お手当て
ご相談・お申込み先
深山陽


意識と感情のプロと
身体のプロ(鍼灸師)が
タッグを組んで、
身体~感情~魂~
現象~ パートナーシップ
までを含む
いのちのお話をお届けします。
大好評の直感力を養う
ワーク憤死リストも!
いのちのお話∞お手当て
講演ご依頼・
お問合せ窓口
kagehinata.hari@gmail.com

 
番外編
<妊娠・出産を担う女の敏感なカラダ>
本音を無視して良い女であろうとする程に、
女性特有の波を持つ自身の身体が悲鳴を上げ始めます。
女性器への疾患は、
もう自分を大事にしなさいの警告。
 
ーーー
 

 

動画配信交流サロン  

https://goo.gl/6cHCf4

サロン登録方法⇒http://goo.gl/C0Osw

動画提供
イフコンサルティングcotocoto  
http://hinata28.wix.com/cotocoto
鍼灸治療院・お手当て 陰ひなた 
(株)シナプス
 動画一例


◆個人セッション
(経営者様・個人事業主様にもおススメです)
 
 
 <書籍・DVD>
 
 f:id:hinatao-wife:20160428130054j:plainf:id:hinatao-wife:20160425160323j:plain
 
∽-∽-∽-∽
 

◆書籍、blogへの質問、感想受付

maria ∞ bitch ポスト 

prusian.blue.cotocoto@gmail.com

blog記事上にて回答返信を行います。

お名前は伏せてのご紹介の形を取ります。

 
∽-∽-∽-∽-∽-∽
 
イフコンサルティング cotocoto 
感情と直感インスピレーションの
仕組みを知って、
ビジネスに生かしたい 男性経営者様・
事業主様 家族との関係や
パートナーシップを改善したい ​
愛を生き直したい全ての皆様へ
 
 
 

f:id:hinatao-wife:20161120214724p:plain

f:id:hinatao-wife:20161117185921p:plain