white iris photography official blog

人の魅力に特化した写真 white iris photography & 鍼灸整体 ホワイトアイリスのブログ

しごとフォトweb版
しごとフォトweb版バックナンバー
医療・介護の分野に<写真>という形のケアを
はり灸整体 ホワイトアイリス 予約制 050-1113-1117

【しごとフォトweb版 第3回】パティスリー みつ葉とはーと オーナーシェフ 西村泰久・加代子夫妻】

f:id:hinatao-wife:20190830205256j:plain

こんにちは 

white iris photographyのももです。

今日は【しごとフォトweb版 第3回目】

をお届けします☺

 

長年、仕事に携われてきた方でも、
【自身の仕事姿】 を目にする機会は
少ないかも知れません。


仕事に打ち込む姿には、
想像を超える感動があります。

 

 

そして、提供される一品が、

こんな眼差しで作られたものだと知ったら、

美味しい一品が、さらに感動を伴って、
お腹も心も満たしてくれる。

【あの1皿を思い返して感じる心】が、余韻を伴って、

【心の栄養になってくれる】

と、私達は思います。

f:id:hinatao-wife:20190726141501j:plain

 

全てのしごとにおいて、

制作段階は 陽の当たりにくい部分です。
私達が写真を通して届けたいと思っているのは、
【仕上がりを見せるまでに辿った 

 人の想い・表情・ストーリー】です。

 

それを知ったり見ることは、
物質の価値を超えて

<この人だから、買いたい>

<この方に、お願いしたい>と、
<購買の理由>が【その人だから】

という<人の魅力>になったら。


そんな思いから、

しごとフォトは始まりました。

 

 

 

普段、私達が目にするのは、
完成された商品やサービスですが、
そこには【関わる人の想い・挑戦のストーリー】があり、

それを作り上げた人の魅力が 商品を支えています。

【人の魅力を知ることで、

 商品の良さがもっと見えてくる】

 


この人に会いたい、

この人が作るものが食べたい。

 

 

【物質の良さ・質の追求、値段への挑戦を超えて、
 その<人>が生み出すものに惹かれている】

 

そんな循環の風を、
【しごとフォト】を通して届けます。

 詳細> https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-8

 

しごとフォトweb版 第3回配信です☺

 

 

【しごとフォト web版 第3回

 パティスリーみつ葉とはーと 

 オーナーシェフ 西村泰久・加代子夫妻】

 

とある夏の日の昼下がり。

千葉県松戸市にある

<パティスリー みつ葉とはーと>さんを訪ねた。

 

撮影以前、友人と共に

みつ葉とはーとさんのケーキを食べに

つくばから松戸まで伺ったことがある。

そこからのご縁で撮影させて頂くことになったのだが、

今日は撮影ということもあり、

店主の泰久さんは少し緊張しているようだった。

 

 

が、そこはやはり職人。

ケーキ作りが始まると、

カメラを忘れたように表情も変わっていく。

最初に取り出したのは、大きな完熟メロン。

f:id:hinatao-wife:20190830204229j:plain

 

 

 

レンズを通して、

泰久さんを見ていると、

唇を閉じて照れたように微笑む姿が印象的で、

「も、もしかして照れ屋ですか? 笑」

と尋ねるとこの表情(右下)

奥様の加代子さんが、

「そうなんです。

 彼は、とっても照れ屋なんですよ☺」と教えてくれた。

f:id:hinatao-wife:20190830204950j:plain

 

 

 

歌が好きで、一人カラオケ

行くこともあると教えてくれた泰久さん。

店内に流れる音楽は、

泰久さんチョイスなのだが、

お気に入りの音楽をCDに焼いて作成したので、

時々<演歌が混じっていたりすることもある>そう(゜-゜)!

 

 

 

「パ、パティスリーで突然演歌が流れてきたら、

すごいインパクトですね(゜-゜)」

 

と言うと、

 

「いや、すぐ止められちゃうんだけどね(*´ω`*)」

と、泰久さん。

f:id:hinatao-wife:20190726143918j:plain

 

 

 

もし、みつ葉とはーとさんで

ケーキを堪能中に

そんなシーンに出くわしたら、

「あ´ω`」って聞き流して下さい☺

 

 

 

「パティスリーに演歌も

 たまにはいいだろう?フッフッフ」

f:id:hinatao-wife:20190726135922j:plain

・・・・・・とは、もちろん言ってません(*´ω`*)

 

 

完熟メロンと北海道産の上質な生クリームを

サンドしたスポンジが積み重なっていきます。

f:id:hinatao-wife:20190830204931j:plain

 

 

 

オーナーシェフの泰久さんは、都内の老舗結婚式場

東京會舘>で20数年の間パティシエを務めた。

その泰久さんが作る、

素材にこだわった体に優しい無添加

美味しいケーキ。

扱うフルーツは、

産地直送・無農薬・無添加こだわっている。

素材にこだわるからこそ、

「甘いものが苦手な方でも食べれてしまう」と評判だ。

本物は、やはり誰が食べても美味い。

f:id:hinatao-wife:20190726143235j:plain

 

 

泰久さんが、生クリームの入った袋に力を入れると、

カタチを持たなかったクリームが、

美しい曲線と模様を描き出す。

その様子は、白いキャンバスに予想もできない

美しい絵画が描かれていくのを

目の前で見ているようだった。

f:id:hinatao-wife:20190726141744j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726144638j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726142351j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726141922j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726143116j:plain




 


 

 

店頭に並ぶ

完成された美しいケーキを見ると、
これがどんな風に作られているのか、

予想もできない。


けれど、その工程は魔法のようではない。


地道で細かい、
繊細な手作業の積み重ねが成す景色なのだった。

f:id:hinatao-wife:20190831184700j:plain

 

 

 

<完成品を見る>のと、

<作る工程を見る>のでは、感じることが違う。

そっと触れただけで

形が変わってしまうほど柔らかい生クリームで

彩られる美しい装飾。

こんな繊細な装飾が、人の手で作られているのだ。

f:id:hinatao-wife:20190726143132j:plain

 

 


美味しいそうなケーキを目の前に、
ぱくっと食べてしまいたい気持ちと共に、
この美しい模様を見ると、

集中力を要する西村シェフの繊細な時間を思い出す。
(ぱくっと頂いておりますが…<(_ _)>)

f:id:hinatao-wife:20190831184834j:plain


美しい模様を見ていたら、ふと、

【なぜうつくしい味(美味しい)が

 「おいしい」という意味なのだろう】と、考えた。

 


味はもちろんのこと、
素材へのこだわりはもちろんのこと、
目で見ても心躍る 趣向を凝らす。


まだ見ぬ誰かの 喜んでくれる顔を想い、
丹精込めるその姿が、
誰から見ても、美しかったのかな…

           

<うつくしい味=美味しい(おいしい)

 

その言葉には、

その【美味しさ】が

出来上がるまでに込められた、
【作り手への敬意】

が込められているような気がした。

f:id:hinatao-wife:20190726143404j:plain



 

 

 

ケーキを食べて、

【美味しい】と言ってくれる表情を見るのが

一番嬉しいと、泰久さん・加代子さん。

f:id:hinatao-wife:20190831185015j:plain

 

 

 

ケーキが芸術作品のように装いを変えていく中、

娘さんが帰宅された。

みつ葉とはーとの名前の由来は、

「3人(みつ葉)のケーキやさんだから」と教えてくれた。

#仲良し♡

f:id:hinatao-wife:20190831185038j:plain

 

 

 

泰久さん愛用の白い眼鏡。

置き場所は、クマさんの椅子と決まっているよう。

「白縁って、結構攻めますね~(*´ω`*)ニヤニヤ」というと、

フフ☺とこの表情。

f:id:hinatao-wife:20190831185113j:plain

 

 

 

パティスリー みつ葉とはーとの美しいケーキ。

店内のインテリア空間は、

加代子さんのセレクト。

ケーキを入れる箱には、

シェフの一日が描かれているかわいいイラストが☺

…ちょっと泰久さんに似てる?!☺(右上)

f:id:hinatao-wife:20190831185145j:plain

 

 

 

店先にて。

…代表もひょっこり。

f:id:hinatao-wife:20190831185228j:plain

 

 

 

暑いですね…☺

f:id:hinatao-wife:20190726151543j:plainf:id:hinatao-wife:20190726151534j:plain

 

 

 

泰久さんと加代子さんは、

朝の仕事始めに、

この景色を見ながらコーヒーを飲むのだそう。

「ここから見える景色が好きなんです」と加代子さん。

泰久さん(右)と加代子さん(左)

f:id:hinatao-wife:20190831185543j:plain

 

 

 

パティスリー みつ葉とはーとさんは、

夫婦二人三脚で、お店を営んでいる。

 

white iris photographyもそうなので、

これは筆者の個人的意見として

読んでいただきたいのだが、

<夫婦>というのは不思議なもので、

【知らなかった自分】というものを、

夫婦関係を通して知ることにもなると思うのだ。

 

 

適度な距離感で付き合う関係とは異なり、

体調が良い時も、

そうでないときも傍にいる。

そういう人間関係は、

夫婦や家族ならではのことだと思う。

 

 

何というか、

【ごめんね】と【ありがとう】が、

これほど入り混じる関係性はないと思うのだ。

 

 

 

そして、事業を行うということは、

時に忍耐を伴い、決断を迫られ、

挑戦と革新を促される。

それを夫婦2人で行うということは、

相互の信頼関係がなくては、難しい。

 

作っては、話し合っては改良し、

その無数の繰り返し。

 

 

 

<夫婦にしかわからないことがある>

それは、良いこともそうでないことも。

色んな景色を、お2人で見てきたのだと思う。

 

 

心温まることも、そしてきっと、

時には空を見上げたくなるようなことも。

 

 

泰久さんの子供の頃の夢は、

ケーキ職人。

子供の頃、お母さんが作ってくれた

ケーキが美味しくて、

ケーキ職人の道に進むことを決めた。

 

 

「愛情を込めて丁寧に」を大切に、

日々ケーキ作りに取り組んでいる。

泰久さんに、

「今思い描いている夢は?」

という質問をすると、

「お店を10年続けること」

と教えてくれた。

事業を10年続けるということは、

簡単なことではない。

 

けれど、なぜ10年なの?

と感じた方もいるかもしれない。

泰久さんは、

19歳で筋ジストロフィーと診断され

現在は、車椅子のパティシエとして、

お店を営んでいる。

「ケーキ屋さんを開けたことが

何より嬉しい」と教えてくれた。

 

 

加代子さんの子供の頃の夢は、保育士。

子供達にお菓子作りを

体験してもらう NPOの活動にも、

お2人で講師として参加されている。

加代子さんにも「今思い描いている夢は?」

と同じ質問をさせてもらった。

 

「様々な不自由を抱えても、

 すべての人が自分らしい人生が生きられる世界

 仕事が当たり前に出来る社会」と教えてくれた。

 

 

 

 

ケーキを作るというのは、

想像以上の大量の洗い物が出る。

うつむき加減で、

そっと微笑みながら洗い物をてきぱきと進める

加代子さんの横顔。

言葉にしないたくさんの想いが、

その横顔にはあるのだと思った。

f:id:hinatao-wife:20190726144303j:plain

 

 

 

お2人が二人三脚で作る

こだわりのケーキと空間。

 

 

ケーキを口に運ぶ前、

新鮮なフルーツの下に彩られた

美しい模様に

そっと視線を向けてみてほしい。

フルーツを置いたら、

模様は見えなくなってしまう部分にも、

1つ1つ丁寧な装飾が、

泰久さんの手によって彩られている。

f:id:hinatao-wife:20190726140415j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726143606j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726144541j:plain



 

【美味しい】

 

それは、きっと職人のしごとへの

敬意と示すとともに、

食べる人と作る人の心を虹色で繋ぐ、

魔法の言葉なのかもしれない。

 

 

 

 

人生も、夫婦二人三脚も、

美談だけでは語れない。

けれど、やっぱり美しいと感じる

何かがそこにはある。

f:id:hinatao-wife:20190831191439j:plain

 

 

お2人の笑顔を見て、

やっぱり夫婦っていいな、

2人でしごとが出来るっていいなと改めて思った。

f:id:hinatao-wife:20190726160450j:plain

f:id:hinatao-wife:20190726160452j:plain

 

 

季節ごとに変わるフルーツを用いて作られるケーキ。

ぜひ、お店で堪能して下さい☺

バースデーケーキの予約も受付してくれます。

f:id:hinatao-wife:20190726143404j:plain

 【パティスリー みつ葉とはーと】

 

【住所】千葉県松戸市牧の原2-48

    牧の原団地1-20号棟115

【Tel】047-710-7301

   火・水曜定休・10:00-19:00

 

 


【しごとフォトweb版×パティスリー みつ葉とはーと

 オーナーシェフ 西村泰久・加代子夫妻】

f:id:hinatao-wife:20190831191533j:plain

 



 

しごとフォトweb 版バックナンバー

http://u0u1.net/vWrn

 

【しごとフォトweb版】

しごとフォトweb版では、

様々な業種のしごとに携わる方々の

しごと姿・人の魅力を取材撮影を通して届けます。

 

【人の魅力を知ることで

 商品の良さがもっと見えてくる】

 

<物質の良さ・質の追求、

 値段への挑戦を超えて、

 その【人】が生み出すものに惹かれている>

そんな循環の風を、

しごとフォトを通して届けます。

 

> 取材依頼・お問合せ

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto/blank-8

f:id:hinatao-wife:20190814135854j:plain

white iris photography

https://hinata28.wixsite.com/cotocoto



 

 

 

 

 







 

f:id:hinatao-wife:20190609215441j:plain